« SEBEL Hotel | トップページ | ラボ紹介、再度 »

2005年7月28日 (木)

CCIE Security 受験者の方々へ

もしかしたらCCIE Security を受験予定の方がいらっしゃるかもしれませんが、これは必須という本を紹介しておきます。多分、海外受験するくらいの根性のある方であれば、既にご存知だとは思います。
R&Sにも使える内容も多々あります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1587051346/qid%3D1118631015/249-3110330-9941962

シドニーのプロクタ本人が書き下ろしたものです。
とても参考になります。
というか、無いと合格が厳しいと言っても過言ではないでしょう。
但し、この本が出版されてから、ラボ試験の内容に大きな変更があった(CCOで予告されていた)ので、その辺のアップデートがないと厳しいのかどうか判断できません。

実は本人から「今度本を出版するから読んでおけ」と言われて、その時点でアマゾンで予約受付中でした。
すぐに予約して、いざ発売されてから、なんと、アマゾンのミスで、私よりも後に予約を入れた方々に初ロットが渡ってしまい、とても焦りました。受験が控えていたので。
何でそれを知ったのかというと、友人が私の後で予約していて、先に入手したから。

アマゾンはそのミスを認めたのですがどうにもならないとのこと。私は
「間違って先に送付した人から取り上げてでもオレに渡せ」
と無理難題を吹っかけて粘りましたが、やっぱ、ダメでした。

受験の直前に何とか入手して、慌てて勉強しました。
ちなみに、その直後の試験で、やっぱ落ちましたけど(泣)

でも、その時に合格まであと一歩に迫ったので、次の受験に向けて最高のモチベーションアップになりました。
だって、それまでは合格の気配すらなく、どうにもならない状態でしたので。
毎日毎日、何度でも電車の中で読み返しました。

R&Sみたいに対策本が売っていたりパートナーさんで研修があったりしないので、孤独な闘いですから、こういうの、助かります。

|

« SEBEL Hotel | トップページ | ラボ紹介、再度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/5201501

この記事へのトラックバック一覧です: CCIE Security 受験者の方々へ:

« SEBEL Hotel | トップページ | ラボ紹介、再度 »