« スピードマスター | トップページ | PIXを経由するeBGP »

2005年7月11日 (月)

ラボ予約(ホテル編)

私はCCIEラボのオンライン予約システムで、新宿に予約を入れたことがない。実は新宿で受験したことがあるのだがその時はまだメールベースでの担当者とのやり取りだった。

なのでもしかしたら皆さん当たり前に知っていることなのかもしれないが、まぁ、書いてみよう。海外のラボ予約を入れるとccie@cisco.comからメールが来る。「予約完了」を知らせる内容で、その中にRecommendのホテル一覧が載っている。通常、5つくらいのホテルがRecommendされている。シドニーの受験会場はシスコオーストラリアでChatswoodという街である。シスコがrecommendしているホテルでChatswoodのものはひとつだけである。あとは少々距離が離れていると思う。
http://www.mirvachotels.com.au/hotel_detail.asp?hotel=9
季節にもよるが、195AUDのレートである。日本円にすると、、、面倒なのでご自分で計算してください。

シドニーのダウンタウンからは少々距離がある。電車で25分くらい。タクシーでもそれくらいかかる。なのでこのTHE SABEL が一番良いように思う。シスコまで歩いて5分くらいだ。が、はっきり行って何もない街である。期待しないほうがよい。ベルギーの受験会場もひどいが、ここも何もない。

ガレージ兵頭(のメインHPの方)の賢明なる読者であればこのホテルの概要はわかっているだろう。アパートメントタイプで生活に必要なものは全て揃っている。無いのはハシくらいだ。逆にホテル内にレストランが無い。目の前にバカでかいショッピングモールがあるのでそこで何でも買える。

ベッドルーム、リビングルーム、キッチン、ランドリー、バスルームがそれぞれあり、とても広い部屋である。2ベッドの部屋なんかになると一回も中を見ていない部屋があるくらいである。

今、確認中であるが、一年前まではダイアルアップでしかインタネットアクセスできなかった。さすがに今はLANアクセスくらいできるだろうと思うが、ホテルに問い合わせ中なのでまだレポートする。

私はさとうのご飯を持ち込み、それを電子レンジで暖めて、あとはカップ麺やふりかけなどで食べている。

一度でもオーストラリアに行ったことがあるならばご存知かもしれないが、食料の持ち込みには本当に厳しい国なのでちゃんと申告しなければダメである。申告すれば何ということはないので絶対に正直に申告してください。なお、ふりかけに卵が含まれている場合には持ち込みできない。でも現地で調達可能である。

前回、JALのクーポンを持っていることからダウンタウンに宿泊したが、それがダメだったのかもしれない。私は縁起などにはこだわるタイプである。カツカレーを食べたりと、いろいろこだわるポイントがあるが、今のところ少なくとも下記が「必勝パターン」である。

1.成田空港のマックで何か食べる
2.移動はもちろんJALで
3.ホテルはTHE SABEL
4.メシはさとうのご飯を中心に

そういえば、前回のSPの試験では、上記の必勝パターンのうち2しか満たしていない。こりゃダメだ。ということで、今回はTHE SABEL にさとうのご飯を持ち込むことにしよう。

あ、熱くなってこんなに書いてしまった。
読者の皆さん、ごめんなさい。もう少し身になることを書くようにします。

|

« スピードマスター | トップページ | PIXを経由するeBGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/4918223

この記事へのトラックバック一覧です: ラボ予約(ホテル編):

« スピードマスター | トップページ | PIXを経由するeBGP »