« オレは負けないよ | トップページ | バイクのエンジン »

2005年7月23日 (土)

トラブルシューティング

4年くらい前まで、CCIEラボは2-Day試験だった。
一日目に、定められた以上の点を取らないと二日目に進めなかった。
二日目の午前中の時点で再び採点され、やっと二日目の午後に進めた。

だんだん人数が減っていく。残ると妙に晴れがましい気分にもなった。
逆に、一日目で落とされるとがっくりである。何と、採点結果を聞くのは二日目の朝なのである。

説明が面倒であるが、二日目に進めなくても、午前中だけは機材を触って帰って良い時代と、すぐに退出させられる時代があった。
すぐに退出させられると最悪である。だって、日本だったら会社に戻らないといけないから。
「あれ?」なんて、顔で会社で迎えられる。恥ずかしい。

二日目の午前を突破すると、いよいよトラブルシューティングである。
ほとんどの場合、ここまで来ると残っているのは一人である。

これはCCOにちゃんと書いてあったことなので、ここに書けるのだが、
「あなたがそれまでの時間に構築したネットワークを、プロクタが設定を変えたりケーブルの結線を変更したりして、意図的にトラブルを発生させます。それを解決してください」
って感じだったと思う。

私はトラブルシューティングは全然怖くなかった。だって、一日半に渡って入魂のconfigを叩き込んだRouter、Switchたちである。どこをどう変えられたって絶対にわかる。わからないはずがない。確認のポイントもわかっている。だから、トラブルシューティングに進んだ時点で合格だろう。

実際にはトラブルシューティングで落ちた人間がいることも知っているが、絶対の自信があったのは事実である。

で、死ドニーでの受験で。。。
http://homepage2.nifty.com/hyochin/sydney02.htm

プロクタから内容を聞かされた時に唖然とした。ここに書きたくて仕方ないが書くことはできない。だってCCOに書いてある事と違うよ、って思った。何度も話せない英語で、内容を確認した。
が、聞き間違いではなかった。

もう、「合格した」と思っていたので、狼狽した。
しかもとんでもないトラップに引っかかって時間を大幅に消費してしまった。

何度も英語で
「正確な残り時間を教えろ!」
と叫びながら問題を解決していった。
残り10分の時点で、まだ IP Reachability が保ててなかった。

どこに間違いがある?
どうしてneignborが上がらない?

「絶対の自信がある」って言っただろ、と突っ込まれるだろうが、許して欲しい。だって、、、
書きたくてもやはり内容に関することなので書くことができない。

わずか10分でどこまで解決できるか。
もうダメだろう。いくら何でもIP Reachability が保ててなかったら不合格だろう。

が、神が降りてきた。

土壇場のギリギリの時点で奇跡的に頭が冴えた。
次々にneighborが上がっていく。
全ての Reachability を確認する時間はないが、多分、いけてる。

残り30秒。間違いを発見したが、書き換えるべきか。途中で終了してしまったら、せっかく上がったneighborが落ちたままになるかもしれない。どうする?

勝負に出た。configを書き換えた。コマンドにして約10行くらいだっただろうか。
途中でneighborがダウンする。それは想定内だ。手が震えるがとにかく打ち込んでいく。
時間が足りるのか?
最後のコマンドを打ち終えた。
その時、後ろからプロクタが「終了だ。控え室で採点が終わるまで待機しろ。」と声をかけてきた。

neighborはあがるのか?
席を立ちながら画面を凝視し続けた。
何かメッセージがコンソールに出力された。
内容は見えなかった。

待ち時間はとても嫌だった。
何度も自分の点数を値踏みするが、合否ギリギリのような気がする。
トラブルシューティングまできて、不合格になるのか?
会社はまた受験させてくれるのだろうか。
もう一度、勉強するモチベーションを保つことができるのか。
これでダメだったら、もう意欲が復活できないかもしれない。

結果発表の際に、プロクタが
「Congratulation! You are CCIE!」
と言った瞬間を、決して忘れることができない。

トラブルシューティング。
もう二度と経験をしたくないと思うが、実は、またトラブルとのギリギリの勝負をやってみたいな、なーんて思ってもいる。
また、勝てるだろうか。

|

« オレは負けないよ | トップページ | バイクのエンジン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/5111828

この記事へのトラックバック一覧です: トラブルシューティング:

« オレは負けないよ | トップページ | バイクのエンジン »