« 受験日決定 | トップページ | ラボ予約(ホテル編) »

2005年7月10日 (日)

スピードマスター

omega ガレージ兵頭のメインHPの方にレポートがあるのだが、私はR&Sに合格した際にスピードマスターを購入した。特に時計が趣味というわけではないが、機械ものは大好きである。バイクの整備を自分でやることからもわかってもらえると思う。だからオートマチックの時計が欲しかったのである。

特に大事にしているということもなく、普通の時計として使用している。以前、道端ですっころんだ際に傷が入っていさえする。でも、この時計を見ると、いつでも気持ちが高揚してくる。負けるものかという気になってくる。この時計に、私は初心を忘れずに日々精進に励むことを誓ったのである。

ダブルを達成した際に、二個目のオメガを買おうと思っていた。が、買わなかった。正確には買えなかったのである。金がなかった。時計を買うくらいの金の余裕はあったが、合格までに注ぎ込んだお金のあまりの大きさに、お金を使うことにびびってしまったのである。

私は釣りをするので、今度は防水仕様かな、ということで、オメガのアプネア(ジャックマイヨール)が欲しかった。7個のインジケーターが一分毎に赤くなっていくモデルである。往復で14分を正確に刻むことができる。潜水の世界で14分がどういう意味を持つのか全然しらない。IPSECの設定を14分以内に設定しなければいけない状況などあれば役に立つか(笑)。それとも提案書を読む時間を計測するか。

懇意にさせて頂いているnetworkerさんも書いていたが、CCIEに合格したからといって収入が上がることもなく、人生が保証されることもない。それは幻想である。ただ、それを”真の意味”で乗り越えることによって間違いなく次の世界に進むことができる。結果的により良い人生が待っているかもしれない。その程度である。

R&Sに合格した際に、「これで人生も安泰かな」と正直思った。恥ずかしいことであるがそう思った。が、3日経過した時点で怖くなった。世の中に自分(と同じ世界)を目指してくるエンジニアたちの何と多いことか。今にとどまっていたら、いつかは追いつかれる。とても怖かった。まだまだ知らないことだらけである。

じゃあ、知らないことを勉強してみよう。方法は、またCCIEに挑戦することが適切だと思った。ターゲットはSecurityだった。

で、ふたつめを獲得した。それでもやっぱり怖かった。まだ知らないことがある。MPLSのコアなんて何も知らない。じゃあ、また勉強してみようか。まだ先の世界が待っているように感じた。

SPに合格できるだろうか。それはわからないが、きっと合格するまでずっと挑戦するだろう。何年もかかるかもしれない。その時までアプネアが販売されているといいのだが。

|

« 受験日決定 | トップページ | ラボ予約(ホテル編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/4899208

この記事へのトラックバック一覧です: スピードマスター:

« 受験日決定 | トップページ | ラボ予約(ホテル編) »