« 信念 | トップページ | debug ip pac »

2005年7月16日 (土)

RIPにおけるスタティックの再配信

ちょっと変なことを考えてみた。

Lo0--R1(192.168.1.1)-----------(192.168.1.2)R2--Lo0

上記の構成でRIPを動作させる。
ここで、下記のstaticを設定し、RIPに再配信する。

<R1>
interface Loopback0
ip address 200.1.1.1 255.255.255.0
!
interface FastEthernet0/0
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
!
router rip
network 192.168.1.0
network 200.1.1.0

<R2>
interface Loopback0
ip address 200.2.2.2 255.255.255.0
!
interface FastEthernet0/0
ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
!
router rip
network 192.168.1.0
network 200.2.2.0

もちろんRoutingTableは下記となる。

R1#sh ip route
C    200.1.1.0/24 is directly connected, Loopback0
R    200.2.2.0/24 [120/1] via 192.168.1.2, 00:00:21, FastEthernet0/0
C    192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0

R2#sh ip route
R    200.1.1.0/24 [120/1] via 192.168.1.1, 00:00:07, FastEthernet0/0
C    200.2.2.0/24 is directly connected, Loopback0
C    192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0」

ここで、下記のスタティックルートを設定し、RIPに再配信する。

ip route 100.1.1.0 255.255.255.0 192.168.1.2
!
router rip
redistribute static

要するにどこかへのスタティックルートを対抗のインタフェース向けにして、
それをRIPに再配信するのだが、これをR1は広報するだろうか。

R1#debug ip rip
RIP protocol debugging is on
R1#
*Mar  1 00:41:11.307: RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via FastEthernet0/0 (192.168.1.1)
*Mar  1 00:41:11.307: RIP: build update entries
*Mar  1 00:41:11.307:   network 200.1.1.0 metric 1

広報しなかった。
これは何のルールに引っかかって広報しないのだろうか。
だってイーサネットなんだから、192.168.1.0/24に第三のルータがいればそれ向けに広報しないの?
スプリットホライズンでもないし、広報しないというルールがわかんないです。

まぁ、何となく広報しそうにはないんだけど、どういう実装なのかそれがわからない。
R1が広報した結果、R2がRoutingTableに載せないというのであればそれは納得できるのだけど。

|

« 信念 | トップページ | debug ip pac »

コメント

スプリットホライズンだと思うのですが。。。

投稿: | 2005年7月16日 (土) 18時07分

兵頭さんはなかなか気になるところに目をつけられるので、おもわず試してみてしまいました(笑)

no ip sprit-horizon書くと、アドバタイズするようになりますね。ということは、スプリットホライズンの問題でアドバタイズしないということなんでしょうか。

ちなみに、スタティックルートのNextHopを192.168.1.3とかにしても状況は一緒でした。

RIPv1ではNextHopを入れるフィールドがないので、受け取ったルータはそれをアドバタイズしてきたルータをNextHopとしますよね。なので、スタティックルートでNextHopがそれをRIPでアドバタイズしようとするインターフェースと同じサブネットにあるときに、スプリットホライズン規則と同様の扱いにするのかもしれません。

と思って、RIPv2でやってみたらアドバタイズするかなあとやってみましたが、NextHopを192.168.1.3にしてもno ip sprit-horizon入れない限りアドバタイズしませんでした(^^;)

投稿: kazu | 2005年7月16日 (土) 21時22分

すいません、すいません。
思いつきで書いたことをわざわざ検証してもらって。(実は私の結果は自分で組んでやったものではなく、そのような現象の報告があったので、、)
要はこのような再配信が、「そのルートを知り得たインタフェースに対する広報」とみなされるということなんですね。
「スプリットホライズンでもないし」と、あえて考えから外してました。そこまで書いたのだから、組んだ上でひとつコマンドを試せばいいですね。浅はかでした。
読者の皆さん、見捨てないで下さい。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年7月16日 (土) 22時12分

ちょうど同じ事象で頭を悩ませていたのでスプリットホライズンとわかりすっきりしました。
ここで単純な疑問ですが
ip route 0.0.0.0 コマンドでデフォルトルートを再配送する際も同じく、『NextHopがそれをRIPでアドバタイズしようとするインターフェースと同じサブネットにある』
という条件は当てはまると思います。

デフォルトルートは対象外なのですかね・・
的外れな疑問であったらすいません。

投稿: tomo | 2006年6月22日 (木) 12時50分

もう、一年も前に、思いつきで書いたエントリーにコメントありがとうございます。
えーっと、要するにデフォルトは配信するって話ですよね?

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年6月22日 (木) 13時06分

すいません。分かりづらくて・・

要はデフォルトルートの場合は『NextHopがそれをRIPでアドバタイズしようとするインターフェースと同じサブネットにある』条件に当てはまるが、配信可能ですよね?っていう質問です。

普段RIPを触る機会がなく、少し混乱してしまいました。


投稿: tomo | 2006年6月22日 (木) 13時46分

えーっと、えーっと、、、、
これはやってみるしかなかろうと思われます。
スプリットホライズン規則になるのかどうか、実装によるような気がするので。デフォルトは従わないという、確たる理由がありましたでしょうか?
ガレージ兵頭には現在機材がない(泣)なので、検証できずすいません。機材あれば3分で結果出そうです。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年6月23日 (金) 07時27分

実は、私も入社して1年目のころ、この問題にあたったことがあります。そのときはデフォルトルートでした。なので、デフォルトルートであってもスプリットホライズンに従いますよ。

投稿: Koichi | 2006年6月23日 (金) 16時59分

素晴らしい。
そういうこと、よく記憶していましたね。
私など、多分、次の日に忘れています。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年6月23日 (金) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/4988251

この記事へのトラックバック一覧です: RIPにおけるスタティックの再配信:

« 信念 | トップページ | debug ip pac »