« 辞書の持ち込み | トップページ | 中曽根元首相が出ていた »

2005年7月15日 (金)

SEBEL Hotel

げげーっ!
SEBELから返事があって、Internetアクセスが「MODEM Dial UP のみ」とのこと。
いいかげんに環境を整備してくれよ。

ところで、このホテルのPBXの仕様なのだと思うが、0発信して、次のデジットを送ってもツー音が消えない。通常のモデムでは、その次のデジットを送るところで送出を止めてしまうはずである。

なので、「x3」という追加ATコマンドをダイアルアップで設定して下さい。ツー音を無視してデジットの送出を続けることができる。

じゃないと、Internetにつながらず、なぜつながらないのか調査ができないという憂き目にあってしまう。私は昔、少しだけモデムをよく触っていた時期がある、とっさに切り抜けることができた。あの天才ナカヤマでも「つながらないっすよ」と泣きを入れてきたくらいである。

が、モデムによってはx3無しでも問題なくつながることもある。
要は、詳しいなどと書いておきながら、よくわかってないということである。

|

« 辞書の持ち込み | トップページ | 中曽根元首相が出ていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/4975177

この記事へのトラックバック一覧です: SEBEL Hotel:

« 辞書の持ち込み | トップページ | 中曽根元首相が出ていた »