« シスコに詳しい | トップページ | 学科の合格点数 »

2005年8月 6日 (土)

肯定から入る人、否定から入る人

嫌なことがあった。

会社で打ち合わせなどしていると、何でも否定から入る人が絶対にいる。
すぐに自分(の部署)の周囲にバリアを張り、だが、もっともらしいことを並べ立て、さも自分は肯定派のように振る舞う輩がいる。そんなキツネ野郎は信用しない。

どうして、まず、やってやるぞという気持ちから入らないのか。

何でも自分(の部署)で請け負えばいいというものではない。そんな短絡的なものではないくらいわかっている。

だが。。

自分の部署が繁栄すれば部員が多くなり、部がスプリットするかもしれない。
そうすればもうひとりの部長の誕生だ。課長も増える。
つまり、自分の腹心の部下たちを出世させることができる。
「オレは出世なんて気にしていない」
などと、したり顔でいうヤツは、これまたどこにでもいる。

そんなことを言ってない。

範囲の広い仕事をしたくないのか?
責任の重い仕事をしたくないのか?
給料の高い仕事をしたくないのか?

私はそういう仕事をしたい。
(レース資金がたくさん必要という現実もあるのだが)

だから、否定から入る人間は大嫌いである。

話はかなりずれるが。。

資格に挑戦などしているといろいろ言われる。
だが、とにかく、ごちゃごちゃ言うのなら、そんなに陰口を叩くのなら、まずやってみて欲しい。
もし、やってみて、合格する/しないはどっちでもいいのだが、俺のやってることを理解してもらえるのなら、あなたとは握手をできるだろう。

俺は3つ目の「伝統の盾」が欲しくてやってるわけではない。
もちろん、3つで終わる気もないのだが。

|

« シスコに詳しい | トップページ | 学科の合格点数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肯定から入る人、否定から入る人:

« シスコに詳しい | トップページ | 学科の合格点数 »