« ひとつ解決 | トップページ | 緊急事態発生 続報 »

2005年9月15日 (木)

緊急事態発生

突然、ベルギーのCCIEアドミニストレータのタマラさんからメールが来た。内容は、何と!

「PaymentがDECLINEDになった」

である。もちろんベルギーに受験に行くわけではないのだが、全世界のCCIEアドミニストレータさんたちは情報を共有しており、多分アドミンのメーリングリストに「ガレージ兵頭のPaymentが拒否された」と流れて、それを私に送ってくれたようである。

以前書いたが、タマラさんとはタマタツの仲だ。(ウソですよー)

もう28日を切っているのでこのままではやばいので、迷うことなくタマラさんに電話した。堂々と言うが、私は英会話は苦手である。が、必死になると何でもできるものである。電話で話すのはとても難しいのであるが。。

しかし、わからない点があり、拒否されたにも関わらず私のPaymentStatusはPendingのままである。タマラさんは「再入力しろ」と言うが、二重課金にかる可能性もあり恐ろしい。

タマラさんと協議した結果、彼女も「わからない」ということになった。
で、彼女から全世界のアドミニストレータさんたちに、この問題についてメールを出してもらった。

私はすぐにカード会社に電話した。深夜なので担当者の権限も限られているため、詳細はわからないが、やはりカード会社が拒否したとのこと。

何で??

今まで何度も同じ支払いやってきたよ。
何で、今度だけ拒否するの?

昼間に電話しないとこれ以上はわからないとのこと。
一応、拒否になったStatusは解除してもらった。
担当者いわく「今なら承認されるはずです」。
最初から承認してくれよ。

受験日まで28日を切っているため、どのタイミングでラボがドロップされるかわからない。とても不安なので二重課金の心配もあるが、思い切ってもう一度Paymentを実行した。

本当に受験できるのか。
現在、とても不安である。

とても勉強どころではない。

海外受験ってこういうことも乗り越えないといけない。

|

« ひとつ解決 | トップページ | 緊急事態発生 続報 »

コメント

ガレージ兵頭さん、こんばんは。
Koichiと申します。

私もCCIE administratorの方にはお世話になったことがあります。私がお世話になった方は、とても迅速で丁寧な仕事をしてくれましたが、このタマラさんという方もそんな感じですね。

二重課金の心配もあるなかでPaymentを実行した兵頭さんの中にはタマラさんへの信頼があったのでしょうか。

もしかすると二重課金にならないようにタマラさんが手をまわしてくれてたのかもしれませんね。

とにかく、いろいろなトラブルを乗り越えている今回の挑戦は成功しそうな気がします。がんばってください。

投稿: Koichi | 2005年9月16日 (金) 00時15分

コメントありがとうございます。どうやら受験できそうなので勉強復活しています。

Tamalaさんと電話で話すのはもう3回目で、向こうも「英語の下手な日本だなぁ」と記憶してくれているような気もします。
休日にラボのBookingをしてエラーが出て、こりゃ参ったと思ってccie@cisco.comにメールを出したら、中国のIngrindさんが助けてくれたこともありました。

また、昔はシドニーにLynndaというアドミンさんがいて、リンタツと呼び合う仲だったのですが(ウソです)、今は辞めているようです。
実はTamalaには一度やられちゃってまして(ブログに書いたかな?)、VoiceのBookingを落とされたことがあります。元々、何だか不安だったので彼女にメールすると「そんな心配するよりも勉強すべきだ」とありがたいコメントをもらって安心していたら、28日前になっていきなりDropされて。。

その時に初めて電話して、「あなたなんて知らない」みたいな感じだったのでメールのログを送って、それで一生懸命に対応してもらいました。CCIEに関するUpdateは、多分US時間を基準にされているので、メールが夜中に来ますから、性格的に朝までじっと待てないんです。

おっと全世界のアドミンさんだけで何か書けそうですね。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年9月16日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/5950524

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急事態発生:

« ひとつ解決 | トップページ | 緊急事態発生 続報 »