« マルチキャスト検証中 | トップページ | 結論「Inter-ASでのマルチキャスト」 »

2005年9月21日 (水)

受験レポート その5

<8月23日(火)>
SP2_station  電車で空港に向かう。が、Chatswoodの駅は改修中である。あれ?
切符売り場がないぞ。そのままホームに向かうと、何とホームに券売機が置いてあった。皆さん、気をつけて下さい。空港までは12AUDくらい。高いなぁ。

 エグゼクティブカウンターでチェックインするがほぼ間違いなく満席であるとのこと。元々、3席ぶち抜きを期待していたが、どうせ満席になるというので、グローバルのために確保されているシートからEXITを選択した。

 すぐにラウンジに向かい、メールチェック。うーん、、まだ来ていない。解析の続きをやっていると、やっと合否を伝えるメールが届く。いつも指定されたURLを開く時には心臓が止まりそうになる。

 結果は不合格。やはり一網打尽で失点しているようである。勝負に出るべきだったか。。。

 不合格直後は、半分は覚悟を決めていてもやはり呆然としてしまう。つぎ込んだ時間とお金を考えるととてもつらい。

 お金もかかるので、何度受験できるかどうかわからない。ただ、前に進みたいという気持ちが無くならない限り、借金で受験費を出せる限りは続けるであろう。

SP2_book  ところで、帰りの便で悪魔の囁きがあった。もちろん合否がわからない状態だったので書籍類は持てるだけ手荷物にしている。勉強しながらの復路である。ふと、ビデオプログラムが目に入ってしまった。あぁ、皇帝ペンギンをやっていることを思い出した。やべぇ。networkerさんとの関係上(どういう関係だ?)、見ないわけにはいかないだろう。そんなに長い映画ではなかったが、結局見てしまった。タイトルから想像させるストーリーとは全く違ったが、なるほど面白い映画であった。ペンギンも厳しい社会を生き抜いているんですね。

SP2_pengin

 18:00に成田到着で19:45成田発の福岡便で戻るべく、SAKURAラウンジで勉強しようとすると、「兵頭さんじゃないですか?」という声がした。あれ? と思うと、何とサンノゼでのセールスミーティング帰りのシスコ福岡オフィスの一団と鉢合わせてしまった。何も悪いことしていないので何ということはないが、何だか変な感じである。もちろん、福岡オフィスの方々は全員顔見知りである。羽田であれば時々知り合いに会うが、成田では珍しいことである。

 次の受験は10月の上旬に決めた。今度こそ決めて見せる。
オレは負けない。もし負けても最後は絶対に勝ってやる。

|

« マルチキャスト検証中 | トップページ | 結論「Inter-ASでのマルチキャスト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/6048262

この記事へのトラックバック一覧です: 受験レポート その5:

« マルチキャスト検証中 | トップページ | 結論「Inter-ASでのマルチキャスト」 »