« SP3回目死ドニー受験記その1 | トップページ | SP3回目死ドニー受験記その3 »

2005年10月 6日 (木)

SP3回目死ドニー受験記その2

<10/2(日)出発当日>
 実は金曜からほとんど寝ていない。プロの受験家としての感覚で「ここまでやれば絶対に合格する」というラインが見えていたのである。この感性、とても大事である。やっと見えた。だったらそこまでやってやろう。幸い、私は体力には自信がある。何度も何度も設定を繰り返した。

 出発の8時間前の時点から、2回も設定をクリアしてやり直した。自分の感性で、合格ラインを超えた気がする。

 昼前から移動を開始。今日はnetworkerさん主催の
「ガレージ兵頭を励ます会」
が成田で開催される。正確には羽田で集合して、番犬さんの車で成田に移動して、そこでお茶することになっている。

 しかも嬉しいことに、ちょうどサンノゼからAAで成田に帰着する隊長が励ます会に参加してくれることになった。懐かしいな。

 羽田で無事にnetworkerさん、番犬さんと合流できた。番犬さんの車は何とハイブリットのアルファードである。この車、高いだろうな。乗り心地も素晴らしいですよ。番犬さんは機械マニアというのであろうか、もちろん車載のナビは着いているのであるが、それとは別にハンディタイプのGPSを持っており、成田に向かいながら
「直線距離では何キロです」
なんて言ってる。そういえば「最近は絶対座標で行動してます」などと謎めいたことをメールに書いていた。

 無事に成田到着。そこで番犬さんから思いがけないものを頂いた。番犬さんというと、プロの登山家で有名であるが(ウソ)、最近では富士山に深い造詣を抱いている。メールにも富士山に対する熱い思いを書いてくるが、ちょっと理解不能なところもある。その番犬さんから、合格祈願として富士山の画像をプリントアウトしたものをもらった。これはありがたい。ポケットに忍ばせて試験に持ち込もう。何ら違反行為ではないはずである。

 見晴らしのよいカフェでお茶しているところに隊長が合流した。熱いヤツラが4人も集まって、熱くて熱くてたまらない議論が続いた。高いモチベーションを維持している人たちとは、あまり感性がずれないものである。隊長もまっすぐな人だから大好きである。networkerさんも番犬さんも、隊長の純真さには脱帽であろう。ただし、隊長が海外出張に持っていく目覚まし時計だけは見せてはならない。

 ほどなくして、私もラウンジで最終調整をするので健闘を誓って別れた。あぁ、本当に良かった。気力が高まってくるのを感じる。自分の中では今回こそ、勝負の試験であるし、このような楽しいひと時も楽しむこともできて、気分は最高である。

 やりますよー
 合格してきますよー

出国手続きもスムーズに終わり、一万円分だけAUDに両替した。元々50AUDくらい持っていたので、あわせて150AUDくらいである。何せ、もう、試験では来ることがない(Voiceはシドニーでは実施していない)と思っているので、できるだけ現金を残したくないのである。

terminal_sp3  いつものようにシャワーを利用し、ラウンジで少し勉強してからフライトの時間である。

 ビジネスクラスなので快適である。実は、もし、隣の席が空くのであれば、エコノミーの席に移動してもいいかな、と思っていたが、どっちにしろ満席だとのこと。だったらビジネスクラスである。食前酒なども飲むことなく、淡々と勉強しながら移動するが、いかんせん、睡眠不足でフラフラである。1時過ぎにはダウンして、朝までぐっすりと寝ていたようである。

MDR-NC6  なお、私は海外移動の際にはノイズキャンセリングヘッドフォンを利用する。私はソニー製を使っているが、ボーズ製が有名だろう。皆さんに是非奨める、というほどのものではないが、悲観するほどのものでもない、といっておこうか。

 ようやく、死ドニー到着である。今度こそ決めてやる。

|

« SP3回目死ドニー受験記その1 | トップページ | SP3回目死ドニー受験記その3 »

コメント

>番犬さんの車は何とハイブリットのアルファードである。
>この車、高いだろうな。乗り心地も素晴らしいですよ。

車のおかげで小遣を減らされています。(泣)
実はもう何年も前から自分の要求に仕様にあった車を探していました。
購入したのは2003年の夏終わり、購入を決意したのは5月です。

私が要求していた仕様は

1.電力が確保できる。
2.足を伸ばして寝れる。
3.うちの駐車場に入る
4.運転の下手なカミサンでも運転できる。

この4点だけなのです。でもこんな車は日本には無い(笑)

ところがある日、MarkIIを購入した店の営業マンが、こんな車を
トヨタで出すのですけど....って言ってA4の紙を1枚もってきた。
そのころ私はエスティマを買うか、それとも小さなキャンピング
カーを買うか迷っていたのです。

エスティマ・ハイブリッドは1.3.4はOKですけど、動力バッテリーが
後部座席の下にあって寝るには座席をかさ上げしないと寝れない。
2がNGなのである。前の車はMarkIIだったので足を伸ばして水平に
寝れるってのは絶対条件だったのです。ですのでプリウス(旧)も
NG。

※アルハイを購入したのは他に選択肢が無かったからなのです。

前は子供も小さかったし何日も家をあけて旅が出来なかった。
前の旅のスタイルは飛行機&電車+レンタカー+ホテル+旅館

旅館は予約しなければならないので前もって日程にそってを予約
しなければならい。連休などは予約無しでは泊まれないし、
変な地方のHホテルは汚いし夜は空いていない。空いているホテル
を何時間もかけて探し回り、ようやく入れたらロクでもないホテル
だったなんかしょっちゅうだった。

で懲りて電力が確保できればコンピューターも使えるし、電気毛布
もOKである。そして寝るのはトイレ&自動販売機がある道の駅か
高速道路のPA,SA、これが難しい。夜はトラックがエンジンを
かけたままで止まっているのでうるさくて寝れない。離れた場所に
移動したりして苦労していた。

温泉で風呂は何とかなる。飯も何とかなる。睡眠だけは苦労した。
移動は車の空いている夜を有効的に使い、昼間は観光を中心に
効率よく回らないとならない。

あと苦労したのが通信手段。PHSは都市部でないとNG、携帯は9600
Bps、FOMAは電波が安定して入らない場所が多い。もう通信難民。

ISDN公衆電話も結構撤去されてきて非ISDN公衆電話しかない。

実は私は113をしょっちゅうかけるユーザーです。
でも故障でかけているのではないのです。
携帯では電波で安定した通信って難しいのです。そこでISDN公衆
電話にヤマハのRT100i(103i)をつないで通信するのです。

前は比較的結構あったISDN公衆電話も携帯に押されてか撤去され
ていて、なかなか見つからない。NTTさんなんとかして!(切実)

で113に電話するのです。NTTの中で夜中でも公衆電話の種類を
正確に知っているのは113だけなのです。

今、**高速道路の上りの**あたりを走っているのですが、
この先にあるPA,SAでISDNが使える公衆電話の位置を教えて下さい。

こんな質問をNTTにするのは日本広しと言えど私だけである。(笑)

NTTの担当さんも調べて折り返し電話するから....って言って
携帯にかけてもらっています。もちろん113はタダだし、NTTさん
からかかってくる携帯電話もタダである。(笑)

※緊急でLANが使える場所を確保するのは大変なのです。


あとは下着とかの洗濯も車の中に干して走っています。(笑)
渋滞している道を苦労して走り、やっと宿泊先にたどりつき
寝るスタイルから解放されたのです。
好きな時間に好きな場所に運転手2人で自由に移動できるのは
最高です。私が疲れたら方向音痴のカミサンが高速道路を
運転できます。それもカーナビで案内されながら....

前に中央高速で塩尻に行く予定が諏訪湖から北に行くはずが
名古屋に向かって走っていた。

もう目が覚めてビックリ。ここは何処だ????(笑)

それにカミサンは車のカドを擦る。車庫入れは超下手。
そうなるとバックカメラ&コーナーセンサーは絶対要素。
何しろ首都高以外の空いている高速かまっすぐな田舎道しか
走れないのですから.....

選択肢を少なくしてしまったのはカミサンにも多くの原因が
あるのです。よって予算が大幅にオーバーしてしまっても
買うことができたのです。

試乗も無しでカタログスペックのみで購入。神奈川県で一番
最初のオーダーだそうです。オーダー可能になった朝1番
ですから....

ガスアルと形は一緒、走りはエスティマ・ハイブリッドと
一緒です。って言われて....(笑)


>番犬さんは機械マニアというのであろうか、もちろん車載の
>ナビは着いているのであるが、それとは別にハンディタイプの
>GPSを持っており、成田に向かいながら
>「直線距離では何キロです」
>なんて言ってる。そういえば「最近は絶対座標で行動してます」
>などと謎めいたことをメールに書いていた。

住所ってのは結構あいまいなのです。番地が飛び飛びになって
いたりお客様の送ってきた地図が解り難かったりして....

迷子ってのは

1.自分の今いる位置が解らない。
2.自分がどっちの方向にどれだけ移動したらいいか解らない。

まさにディスタンスベクターの世界なのです。(笑)

で相手の方に

http://watchizu.gsi.go.jp/

で緯経度を指定してもらって、それから経路を探します。

つまり緯経度からリンクを探し一番良いメトリックで
移動するのです。サクセサと複数のフュージブルサクセサ
をインターネットで検索しておき、道が混んでいたりリンクが
切れたりするとルーティング経路が変ります。
つまり移動にEIGRPを使用しているのです。

経路情報を得るにはネーバーからの情報はありません。(笑)
インターネットと車やハンディーGPSからの情報を元に
最適経路が決定ます。それにメトリックも解る。

おかげで経路が解らなくてまさに車で道をピンポン
(無限カウント状態)が完全になくなりました。

ですので車でのネットワークリンクの確保は大切なのです。

投稿: 番犬 | 2005年10月 7日 (金) 02時48分

私が経路を決定するときに重要なソースがあります。それは

 「道路公団の無線」

なのです。高速道路上でている情報やSA,PAで公開されている
情報は他の方も受信しています。つまり一般公開されている
リンクステータス、loadを元に計算するとその結果のメトリック
は古く役にたたないのです。リンクが切れたり(通行止)とかの
情報は同じタイミングで各ノードが受信すると別経路に
全員が同時に切り替えます。つまり良いメトリックだったのが
受信し再計算して経路決定しても、それが必ずしも良い経路では
無い場合が多いのです。bandwidthは一定ですので全員が同じ
情報をフラッデングで受け取ると受信できた時はもう悪い
メトリックなのです。(笑)

前はリムジンバスの連絡無線もメトリック計算に使っていました。(笑)

でも前に「開局」ってのを「開通」って聞き間違って受信してしまい、
えらく遅延してしまいました。(泣)

投稿: 番犬 | 2005年10月 7日 (金) 03時06分

番犬さん、こんなに気合いの入ったコメントを頂きましてありがとうございます。
ハイブリッドだからこそ、大容量の電源を確保できるのですね。素晴らしいです。
今度、6509を持ち込ませてください。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年10月 7日 (金) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/6276719

この記事へのトラックバック一覧です: SP3回目死ドニー受験記その2:

« SP3回目死ドニー受験記その1 | トップページ | SP3回目死ドニー受験記その3 »