« SP3回目死ドニー受験記その4 | トップページ | 挑戦することが怖い »

2005年10月 9日 (日)

SP3回目死ドニー受験記その5

<10/5(水)帰国日>

 5時に起きて早速メールチェックする。と、メールが来ている。緊張する。合格できているだろうか。合否の書かれた画面を前に一時間近く紙で隠しながら見ることができなかった例(H氏)があったが、プロの受験家として、結果は厳粛に受け止めるつもりである。

が、やはり息が止まりそうになる。
画面が遷移して、表示される。
どの部分に合否が書いてあるかなんて当然わかっている。
「Pass」「Fail」のどちらかを確認するだけである。

いろんな思いが駆け巡る。転職直前に不合格になった際には、もうダメだと思った。根性で機材を買い揃え、勉強する体制を構築して挑んできた。励ます会も実施してもらった。

結果は、、、

合格である

ついに超えることができた。MPLS技術なんて何も知らなかった。ただ、それを超えてみたくて頑張ってきた。

今回は泣かなかった。
いまやプロの受験家である。
いちいち感傷に浸ってはいられない。

早速、スーツケースからVoiceの資料を取り出した。これは帰りのフライトで読むことにしよう。

 実は電車で空港まで行くつもりだったが、ちょっとくらいの贅沢を神様も許してくれるだろう。フロントに電話してタクシーを呼んでもらうことにした。自分に対するささやかな褒美である。疲れているのでできるだけタクシーを利用したかったのであるが、不合格の分際ではとてもタクシーなど利用できないと思っていた。

 ブログの読者の皆さんには空港のラウンジから一報を入れた。今まではダイアルアップしかできなかったが、最近では無線アクセスもできるようである。有料であるが。

 合格したことで新たな挑戦も始まった。いつ合格できるかわからないが、先がある限りやってみよう。

 で、シーマスターのアプネア(ジャックマイヨール)は購入するかどうかわからない。お金をかなり使ってしまったので、貧乏な私にはちょっときついのである。しばし考えさせて欲しい。Voiceに合格できた時こそ買おう、と思っていたら発奮材料になるだろうか。

 現在、腕に巻いているスピードマスターには思い入れがある。私はこの時計に今後も精進し続けることを誓ったのである。だから複雑な気持ちである。

 どちらにしろ、次に向かってすでに動き始めた。ラボはいつ受験するのかまだわからないが、長丁場になるかもしれない。

syukuhai_sp3  行きのフライトでは淡々と勉強し続けたが、帰りのフライトではささやかな祝杯をあげさせてもらった。

しかし、俺は負けない。
最後には必ず勝ってやる。

|

« SP3回目死ドニー受験記その4 | トップページ | 挑戦することが怖い »

コメント

私も出張のついでに北海道を旅行しています。

インターネットが使えないと思っていたホテルもパソコンで電波をサーチしてみると802.11gがセキュリティー無しで飛んでいる。早速使ってみている。

でも悲しいのはこれに気がついたのは帰りの直前ってことだ。(泣)

こうやってガレ兵書き込みできるのである。(笑)

では次はCCIE-Voice&富士登山ですね。
どっちが先になるのかな?

投稿: 番犬 | 2005年10月10日 (月) 07時35分

番犬さん、こんにちは。
もしかしたら我が家もセキュリティが甘いかもしれないです。そのうち、番犬さんに乗っ取られるかもです。
兵頭ラボも、実は認証してないから、やばいです。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年10月10日 (月) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/6326098

この記事へのトラックバック一覧です: SP3回目死ドニー受験記その5:

« SP3回目死ドニー受験記その4 | トップページ | 挑戦することが怖い »