« トレーニング順調です | トップページ | ガレージ兵頭株式会社 »

2005年11月17日 (木)

N氏からの反論(その2)

トレーニングについて書いた稿で、N氏から怒られた。かなり真面目に怒って反論してきたので、敬意を表して下に添付します。

なお、小職も勉強すればするほど、資格を取れば取るほど、自分の不甲斐なさに気づいている次第でございます。

===============================================================
>>トレに関しては、格闘技を極めたことでも有名な天才ナカヤマ
>>にメニューを作ってもらってます。彼はCisco2500の5台割り
>>くらいできる豪腕ぶりです。理路整然と筋肉の鍛え方につい
>>てレクチャー頂きました。

今回も、小生に関して事実と反することが記載されているという噂を聞いたのでこのページを覗いてみました。その際に発見してしまったのが上記の記載です。

まず、「格闘技を極めた」ということは、どんな達人であったとしても自分からは言わないはずですし、ましてや格闘技をやっている人が「自分はXXをやっている」ということすらあまり言わないと思います。(もちろん、何かスポーツとかやっている(いた)のですか?とか、とか聞かれてうそをつくのはいやなのでその時は正直に言いますけど。ちなみに今はもう全くやってません。あえて何をやっていたかも言いません。)

このブログを見ている人で、「私はもうネットワークを極めてしまった」と言う人っていますか? あるいは「もうXXさんはネットワークを極めてしまったのでしょう?」といわれて嬉しい人っていますか? それと同じことですよね。勉強すればするほど、「自分はなんて知らないことが多いんだ」と感じることと同じく、多分練習すればするほど「自分より強い人はなんてこの世に多いんだ」と感じると思います。

小生はそのとある格闘技をやっていた際に臨んだ試合ではほとんど勝ったことはありませんでしたし、部の中でも正直一番弱かったと思います。小生がその格闘技から他のやっていない人より学んだことがあるとすれば、「自分はなんて弱いんだ」ということです。

プロの格闘家とかは、当然仕事としてやっていて、勝ち負けが重要な方たちですから、「お前なんか殺してやる」とか「俺が最強だ」とか言うことをよく聞きますが、それは試合前に自分を奮い立たせる意味と、試合を面白くするための演出とかが含まれているためということは分かりますよね。また、格闘技と武道という言葉があって、まあ武道は格闘技の中に含まれると小生は思っていますが、いわゆる格闘技とはボクシングとかサンボなど西洋で生まれたものも含まれます。武道、というのは「道」という名のつくもの(空手、柔道など)で東洋で生まれたものと一般的には考えられます。格闘技と武道の境界線は定かではありませんが、いわゆる武道といわれるもの(小生が学生時代にやっていたこともこの「武道」の中に含まれますが)を実践している人で、「俺が最強だ、俺は○○道を極めたんだ」という人を小生は見たことがありません。「武道」をやっている人の方がこの傾向は顕著なのでは、と勝手に思っています。

ある空手家(フルコンタクト空手をやっているひとであれば誰でもが知っている方です。)が言っていたのが、「練習をしていないと道を歩くのも怖い」そうです。この言葉が端的に物語っていると思います。「極める」という言葉にはそのくらいの重みがあると思うのです。

実際の小生に会えば、体は小さく、腕、足も細くとても「Cisco2500の5台割り」などできない人間であると一瞬にして理解してもらえると思います。学生時代にある格闘技系の部活に所属していたのはもう言われてしまったので仕方ありません、事実と認めます。筋トレ云々については補強運動の一環として運動系の部活ではよくやることで、本を読んだりとかアメフト、ラグビー系など比較的筋トレが重要視される部活の人間がやっているのをみてやり方を覚えたということだけです。(今は全くやらなくなってしまったので体はぷよぷよですし、そもそもメニューなんて考えていません。。)

もちろん冗談だということは分かっているのですが、、フランス語ぺらぺらの一件があってから小生の誤ったイメージを持つ人が多少いて、少しでもそれを減らそうと一筆しました。

|

« トレーニング順調です | トップページ | ガレージ兵頭株式会社 »

コメント

勉強すればするほど自分はなんて知らないことが多いんだろうと感じますね。終わりはないです。やめるのはただストップすればいいので意外と楽な気もしますが、どこかでチャンレンジすることをやめてしまうことに恐怖心もあります。それはともかくN氏という方は、事実はどうであれ普通にコメントを読むと鋭く賢い人だなという印象をうけます。兵頭さんも魅力を感じるからいろいろ書いちゃうんでしょうね。

投稿: networker | 2005年11月17日 (木) 07時00分

はい、N氏はとても賢いです。理屈になると、とても勝てないです。
現在、私が彼に勝っているのはバイクのことだけで、これはまだ負けてません。
また、N氏のネタを書いて、怒られることになると思います。。。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年11月17日 (木) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/7153805

この記事へのトラックバック一覧です: N氏からの反論(その2):

« トレーニング順調です | トップページ | ガレージ兵頭株式会社 »