« ガレ兵スタイルへの反論 | トップページ | まさかとは思うが »

2005年12月 9日 (金)

クワッドに向けて行きます、Voiceラボ

様々な要因が複雑に絡み合って、本当に行くのか最後まで迷ってましたが、機材も徐々に揃いだしたし、自費にてVoiceラボに行くことにしました。

日本人、未踏の領域へ

2006年2月17日(金)ブリュッセルにて

いつものように公開試験に挑みます。
落ちても何も恥じないし、次、頑張るだけ。
ガレ兵は、今まで通りに淡々と先を目指します。

まだ、先に高みがある限り、それを乗り越えてみたいと思う、単純な気持ちです。

そうそう、kazuさんが休み明けです

「三日もたてば勉強はじめる」

の意味が、多分、合格前にはわからないだろうなぁー、って思ってましたが、案の定、三日たった今、感じ方は違うでしょうが、やはり何か感じるところがあったみたいですね。やはり、技術本部長、やるな。あなたを目指す人がいますから、目標になってあげて、そして突き放して下さい。

ダブル、トリプルを取っても、逆に怖くなる感覚。
そこまでいかないと、わからないかもしれないですね。

私の挑戦よりも、若干早く、日本からクワッドが誕生するかもしれません。
ただ、私はそういう争いに焦って自分を見失うことはありません。

あくまで自分との闘い。そして神との闘い。

なーんて格好良いこと言ってますが、kazuさんがゲーム差1に迫ってきたことは実は脅威です。もうドキドキ。幸い、kazuさんは勤務する会社の関係もあるでしょうし、多分、私の携帯ストラップを欲しがることはないだろうと思ってましたが、その通りで助かりました。

2月で再び、皆さんとのゲーム差を広げさせてもらいます。

やるときはやってやる。
俺は負けない。

|

« ガレ兵スタイルへの反論 | トップページ | まさかとは思うが »

コメント

Voice用のラボはどんな構成になるのですが?想像が付きません。今の私には・・・

投稿: yuu | 2005年12月10日 (土) 01時55分

Voiceの機器構成はかなり特殊なので、受験経験のある私がそれを公開すると、試験の内容を想像できてしまうかもしれません。
なので、申し訳ないのですが、非公開とするかもしれません。かなりお金がかかることだけは確かなことです。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年12月10日 (土) 02時00分

えええ、そうなんですか。当初の時はどうされたのでしょうか?

投稿: yuu | 2005年12月10日 (土) 02時04分

何も勉強せずに行きました(笑)
プロの受験家らしく、「やべぇ、20%くらいしか取れてないぞ」という勘は、完璧に当たってました。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年12月10日 (土) 02時09分

わたしもいまVoiceのラボ構築の準備をしています。

R&SとSPのときもそうでしたが、シスコでどういう機器を使うかというのはでているので、あとはワークブックを出版しているところに必要な構成があったりしますし、オンラインラボで対応ラボの構成がでていたりするので、それを参考にしてます。

投稿: kazu | 2005年12月10日 (土) 09時21分

まぁ、あまり、非公開には意味がないので。。。
BluePrintの機材を揃えると、さすがに家が買えてしまうので、闘うために最小限のものしか準備してないです。
それでも車が買えるかもしれませんね。

投稿: ガレージ兵頭 | 2005年12月10日 (土) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/7535002

この記事へのトラックバック一覧です: クワッドに向けて行きます、Voiceラボ:

« ガレ兵スタイルへの反論 | トップページ | まさかとは思うが »