« ガレージ兵頭 wannabe's Diary | トップページ | 昨日のガレ兵に勝てそうな気がする »

2006年1月 5日 (木)

ネットワークエンジニアを生き抜け

networkerさんの聖地死ドニーでの挑戦が迫ってきた。

http://ameblo.jp/networker/

networkerさんとの出会いは偶然だった。当時、私は自分のHPのアドレスを覚えておらず、ブックマークもしていなかったので、自分のHPを見るためにはぐぐらないとダメだった。幸い、「ガレージ兵頭」で一発検索である。

長い間、検査結果の総数は変化がなかったのだが、あるときに増えていたのである。

ん?
何で?

http://ameblo.jp/networker/entry-10002273220.html

検索結果から辿っていくと、「ネットワークエンジニアを生きる」のブログである。私の挑戦記にいたく感動してくれたとのことだったが、その中で、私のことを「この人はシスコの人だろう」って書いてあったので、別にシスコ社員と思われても思われなくてもいいのだが、まぁ、違いますよ、ってことだけ伝えようと思ってコメントを書いたのである。

それからのお付き合いである。

「ガレージ兵頭を励ます会」や「ガレージ兵頭を祝う会」を実施してくれた。
とても感謝している。

特に「ガレージ兵頭を励ます会」は、当日の朝までほとんど睡眠を取らずに勉強を続けて、完全に疲労してしまっていた私の頭をクリアにして、しかも、前向きの気持ちを復活させてくれた。

多分、出発口で「では、行ってきます」と言って挨拶をした時、私はとても清々しい顔つきをしていたと思う。networker・番犬さん・隊長の3人は私のことを「格好良い」とすら思ったはずである。あの瞬間、自分で合格を確信していたのである。

3回目の挑戦で、直前までビビっていた私だったが、彼からの「今度は大丈夫ですよ」と、根拠の無い励まし方であったが、不思議と落ち着いた。感性が研ぎ澄まされて、自分の中で合格できる、と強く思えるようになった。

彼の書くブログは、スピリッツの面で参考になることが多く、多分、お互いに共感し合う部分が多いのであろう。

皆さんは勘違いしているかもしれないが、資格の数やスキルそのものという観点では、networkerは私を完全に凌駕している。幅広く、しかも、それぞれの最高のものを取得している。全く、私はかなわない。単にシスコのCCIEの資格の数という観点でだけ、私が勝っているのである。たったそれだけである。

あぁ、海外での敗北を経験しているということでも、私の経験が勝っているか。。(笑)

networkerは土曜日の夜の成田発のJAL便で出発すると聞いている。
ほら出た。JAL便だ。合格間違いない。

あなたなら大丈夫。
朗報をお待ちします。

|

« ガレージ兵頭 wannabe's Diary | トップページ | 昨日のガレ兵に勝てそうな気がする »

コメント

兵頭さん、応援ありがとうございます。
がんばってきます。
自分のHPをぐぐっているという段階でもう悟りの境地に達していると思われるので脱帽です!

投稿: networker | 2006年1月 6日 (金) 17時16分

私もnetworkerさんに応援されてますから!

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年1月 6日 (金) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/8022608

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークエンジニアを生き抜け:

« ガレージ兵頭 wannabe's Diary | トップページ | 昨日のガレ兵に勝てそうな気がする »