« 伝説のカツ丼の画像入手! | トップページ | スキル貧乏 »

2006年1月13日 (金)

ガラスのジェネレーション

大学時代、マージャンに狂っていた時期があった。
大学の友人たちとよく集まって、徹夜でやっていた。皆、バイトなどがあるので夜の集合になってしまうのである。

ある時、5人が集まることになった。その場合は通常は「二抜け」というルールで行う。つまり、2位のものが抜けて、待っている人間と交代するのである。

ただ、集まってしょっぱなから、人が打つのを見ておくのは大変つらい。その日はちょっと遠くで塾の講師をやったあと、慌てて友人宅に向かった。集まるタイミングで遅れてしまうと、いきなり観戦に回ってしまうのである。だから、何とか早く友人宅に着きたかったのである。

友人宅は福岡市の箱崎という町にあったのだが、塾から車を飛ばして戻ってきた私は、近くに路駐して、そこから友人宅に向かったのである。

もうそこまで来てるんだから、何も焦らなくてもいいのに、マージャンに狂っていた私はついつい駆け足になってしまったのである。

友人のマンション前に到着。その勢いで、駆け足のまま2階に上がろうとマンションのエントランスに足を踏み入れようとした瞬間である。

突然の衝撃と痛みが体を襲い、ガシャーン!! という轟音とともに、私の体は床に転げたのである。

何が起こったのか、にわかには理解できない。
だが、周囲に散らばったガラス片と、手から流れ出る血を見て全てを悟った

そう。マージャンやりたさに自分を見失っていた私は、エントランスのガラスの扉に気づかず、駆け足のまま突破してしまったのである。しかも、そのガラスはワイヤー入りであった

事態を把握して、よく見てみると、体のあちこちから出血をしている。当然だろう。スタントで使うようなアメでできたガラスではない。本物のガラスを、無防備のままで、そのまままっすぐに突っ込んで割ったのである

さらに事態は深刻であった。箱崎の町は学生街で、夜でも結構人通りがある。学生がうろちょろしているのである。しかも隣は定職屋である。

何事だ? と人が集まってきてまずい状況になってきた。

「やばい。このままマンション二階の友人宅に逃げ込んだらバレてしまうし、弁償させられるに違いない」

と瞬時に判断した私は、集まった学生達をかき分けるようにして、血だらけのままで、マンションから遠ざかる方向に走って逃げたのである

その様子を見ていた学生の目にはどのように映ったであろうか。
血だらけの人間が、すくっと立ち上がって、いきなり走り出して疾走して行ったのである。
だが、とにかく逃げないといけない、と必至だった。

でも、あちこちから出血しており、とてもそのまま車に乗ることはできない。

幸い、今は現職の親会社の電力企業に勤務する友人のM君のアパートが近くにあった。そこに逃げ込んで、血だらけの私を見て驚いているM君に

「M、頼む。助けてくれ!!」

と頼み込んだのである。多分、本格的な止血をしないといけないレベルの怪我であったが、消毒液とカットバンで何とか止血したのである。

今でも、私の額には、その時の傷がざっくりと残っている。

止血はしたものの、とにかく血だらけなので、いったん家に帰ってシャワーを浴び、着替えを済ませた私は、何と、凝りもせずにマージャンに出かけたのである。

「ガレ兵、どうしたんだ。遅かったな」

と疑問をぶつける友人たちに事の顛末を話して、大笑いされたのは言うまでもない。ただ、さすがに「マージャンに目が眩んでガラスが見えなかった」とは、恥ずかしくて言い切れず、

「エントランスの直前のマンホールの出っ張りでつまづいて、そのまま突っ込んでしまった」

と言い分けをしてしまったが。もちろん、マンホールなどなかったのは言うまでもない。

で、前フリがとても長くなったが、実は驚くべき偶然が起こっていたのである。

ガラスが割れた瞬間、とても大きな音がしたようで、既に集まっていた友人たちはその音を聞いていたそうである。まぁ、まさか、マージャンに狂ったバカが頭でガラスを割ったとは思っていなかったらしいが。

まさにその瞬間であるが、友人宅では「ガラスのジェネレーション」がバックにかかっていたというのである。これは決してネタではない。友人たちも、ガラスが割れる音と曲が同時だったので、とても驚いていたということを、間違いなく聞いたからである。

その後、この曲を受験の際のテーマ曲として数々の海外受験に挑んでいるガレ兵の原点がここにあるのである。

|

« 伝説のカツ丼の画像入手! | トップページ | スキル貧乏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/8138597

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスのジェネレーション:

« 伝説のカツ丼の画像入手! | トップページ | スキル貧乏 »