« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月28日 (火)

マグロにこだわらない

テレビ番組で青森県大間町のマグロ漁が話題になるなどしている。実は、私はこのシリーズが大好きである。漁師の皆さんが実に良い味を出しているのである。

が、九州ではマグロにはこだわりがないのである。
断言するとマグロ好きの人に怒られそうなのだが。。。

確かに関東で生活していると、刺身と言えば(価格の問題はあるが)、まずマグロはどうだ、という話になるが、九州ではそうはならない。

むしろ、イカである。
九州に出張に来るとイカばかり食べる人を知っているが、それほどまでに美味しいのである。ちなみにその人は中洲の「黒川」というお店がお気に入りである。この店は確かに美味しいが、私のような貧乏人には、ちと高いかな。

「イカは何色ですか?」と聞いて、「白」と答える人はイカがわかっていない。もちろんイカは透明である。そう言えば東京に住んでいる頃、スーパーで見たイカは白かったような気がする。九州ではスーパーでも透明である。いや、正確に言うとこちらで買い物などに行った事がないんで実は知らないのであるが、きっと透明だと信じている。

マグロを水揚げする港が近くにないのかどうか事情はよく知らないが、九州では、あまりマグロに熱くなる人が近くにいないのである。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

キャプテン!

突然、ブログ業界に復帰である。
細かいことは聞かないで下さい。

WBCを見た。感激した。勝って感激したというよりも、準決勝、決勝を迎えるに当たって、もう絶対に勝てるという雰囲気に感激した。

そう、この雰囲気は8年前にもあった。
フランスワールドカップ最終予選のソウルでの日韓戦である。
正確には9年前か。

あの試合、勝たないと本当にダメだった。
でもピッチに立った選手達の姿をみて、私はそれだけで泣きそうになった。
勝つんだ、という気力に満ち溢れて、輝いていた。
(確か、カズは累積警告か何かで出場しなかったように記憶している。)

あの時の感覚が、今回の決勝リーグの日本選手達の間にあったと思う。

もちろん、そんな感覚だけで勝てるはずはない。
しかし、試合前から「これは勝てる」と思わせる何かがあった。
素晴らしかった。

で、「キャプテン!」というタイトルであるが、あまりサッカーの事を書くとnetworkerさんに怒られるのである。だから、珠玉の名作であるキャプテン信者であることを示そうと思った次第である。

キャプテン、そしてプレイボール。
全巻、もちろん読んでいる。
セリフを全て記憶している「バリバリ伝説」ほどではないが、それでも何度も何度も読み返している。

やっぱり、野球は素晴らしいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

生きてます

昨日、友人から生存確認のメールが来た。
こちらから連絡をしてなかったし、ブログも更新してなかったので心配してくれたようだ。

大丈夫、生きています。

元気に生きているのだが、更新するだけの精神的な余裕がないのである。
もう少ししたら、復活できると思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

デブキャラ卒業

前職の九州営業所にはデブキャラが2人いた。そうガレ兵と、営業のKSDさんである。2人で一気にお菓子を1000円分くらい食ってしまうので、そりゃそうでしょう、デブキャラですよ。

ただし、私の場合は健康診断で脂肪肝などを指摘されたことはない。つまり健康的に体が大きいのである。そう信じている。

ある時、ペットの犬の調子が悪かったので動物病院に連れていったら、犬と私を見比べた獣医さんの

「お父さんみたいに健康的な太り方をしていればいいけど、この犬は、、、、」

という証言からもわかるように、獣医も認める健康体なのである。
ただ、見た目はデブキャラと言われても仕方なかったと思う。
KSDさんほどではなかったが。。。

その私も最近は体重を順調に落としている。2月は海外受験もあって、ジムもあまり通えずに停滞したが、それでもこの4ヶ月で8キロ程落としている。

そう、デブキャラ卒業である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

脳MRI+MRA

会社の掲示板を見ていたら、近所の画像診断クリニックで脳MRIの検査をキャンペーンでやってるとのこと。早速、脳MRI+MRAの検査を受けに行ってきました。

ちなみに、キャンペーンといっても結構お金がかかります。万札2枚以上は必要です。

結果は完全に「異常無し」。

そうじゃろう、そうじゃろう。
ガレ兵は実は健康なのです。

今にも死にそうなnetworkerさんとは一線を画しているのですよ。

あ、突然バカネタを思い出しました。
かなり前(7年くらい前かな)のことですが、都内の某所でシスコのセミナーが開催され、よせばいいのに出席しました。

内容はいつもの感じでシスコの宣伝。はいはい、と聞いていましたけど、女性のプレゼンターが何かしゃべってました。確かマーケティング関連だったと記憶しています。

そこで、とても力強い口調で、堂々と

「シスコのXXXは、他社のXXXとは一線をがす(!)、、、、」

としゃべったのです。
はぁ? 「がす」って何?
ガス?
何、それ?
あ、一線を画す(かくす)だ!

私はひとりでの参加だったので、笑い出すわけにもいかず、くくっとギリギリ笑いを堪えていましたが、前に座っていた二人組みが

「おい、がすって何よ。かくすだろうよ。」
「ははは、がす、だってよ。」

なんてしゃべるもんだから、周囲のヤツラはもう吹き出す寸前で、死にそうになったのを記憶しています。

いまだに歯医者さんとかで、「一線をがす」は思い出さないように注意しています。
どうしてもにやにやしてしまうので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

カリスマの俺に任せろ

前職はシスコのパートナーだったので、会社から命じられて資格を取ることがあった。CCIE Security や CCIE Voice などは「取れ」と言われた。Voiceは取れてないが。。。

こういうことは結構あって、前々職時代では、IP Telephony 関連のCQSを短期間で取らされた。当時はWeb試験だったが、CCIEの学科の何倍も難しく、挑戦している間は本当に死にそうだった。

パートナーとしての資格維持のために人数が必要なのである。

さて、話を戻そう。

前職時代、確か夕方の17:00くらいだったと記憶している。シスコの推進部門であるKさんが、「ガレ兵さ~ん」みたいな感じで近づいてきた。

「CQSの資格で、これとこれを取って欲しいんだけど。。。
 ガレ兵さんだったら簡単だよ。頼んでた人がギブアップして。。。」

とか、無責任なことを言っている。まぁ、どんな資格でも学科で済むのであれば全然OKである。しかし、何となく嫌な予感もする。案の定、

「で、一週間以内に取って欲しいんだけど、大丈夫?」

と来た。しかも

「この試験をこの日に受けて、もう一科目はこの日に受ければいいんじゃない?」

などと勝手にスケジューリングしている。
そんなこと、あなたが心配しなくていい。

カリスマの俺に任せろ

である。すぐに実行したことは下記である。

・最短で受けれる手段の確認
・合格に備えて、Kさんに合格の連絡をするメールの作成

プロメトリックでは、確か3営業日以前に申し込まないとダメだか、VUEだと当日でも受験可能である。さすがに当日では苦しいので、翌日の受験ができるところを探してみた。新宿が空いていた。すぐに予約。と同時に、嫌味で「合格しましたけど、何か?」という内容のメールを出すために、前もって作成である。

それから試験内容の確認をしてみると、英語試験と日本語試験が選択できる。
当然、英語試験である。日本語試験なんて信用しない。

あとは徹夜で勉強するだけである。

翌朝、新宿でまず一科目目に合格。これでひとつCQS確保。それからお客様のところに移動して仕事する。それから再び新宿に戻ってきて二科目目の受験。合格でふたつ目のCQS確保。

よく知らないが、これで会社としては堂々とあるプロダクトを売ることができるのであろう。

カリスマの俺に任せろ、である。

プロの受験家をなめてはいけない。
一晩の時間をもらえれば、何とでもしてみせる。

まぁ、意地になって翌日に取らなくてもよかったのだが、そういうことにこだわるタイプである。挑戦を仕掛けられたら、受けて立つのがプロである。Securityのラボが迫っていたので、早くこの資格を取って、ラボに専念したいという事情はあったのだが。

今後も、何か無謀なことを頼まれたら、その時にまたきっと言うと思う。

カリスマの俺に任せろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

ちょっと更新してみたりして

更新さぼってると、番犬さんから怒られた。
あー、そうですよね。かれこれ、一週間ほどさぼってますよね。

すいません。
ちょっと理由があって更新できない状態でした。

でも、お祓いの効果もあって前職の会社からとても喜ばしい報告が来ました。あと少しで全てが解決しそうです。

明日くらいから、ちょこちょこ更新再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »