« ちょっと更新してみたりして | トップページ | 脳MRI+MRA »

2006年3月 4日 (土)

カリスマの俺に任せろ

前職はシスコのパートナーだったので、会社から命じられて資格を取ることがあった。CCIE Security や CCIE Voice などは「取れ」と言われた。Voiceは取れてないが。。。

こういうことは結構あって、前々職時代では、IP Telephony 関連のCQSを短期間で取らされた。当時はWeb試験だったが、CCIEの学科の何倍も難しく、挑戦している間は本当に死にそうだった。

パートナーとしての資格維持のために人数が必要なのである。

さて、話を戻そう。

前職時代、確か夕方の17:00くらいだったと記憶している。シスコの推進部門であるKさんが、「ガレ兵さ~ん」みたいな感じで近づいてきた。

「CQSの資格で、これとこれを取って欲しいんだけど。。。
 ガレ兵さんだったら簡単だよ。頼んでた人がギブアップして。。。」

とか、無責任なことを言っている。まぁ、どんな資格でも学科で済むのであれば全然OKである。しかし、何となく嫌な予感もする。案の定、

「で、一週間以内に取って欲しいんだけど、大丈夫?」

と来た。しかも

「この試験をこの日に受けて、もう一科目はこの日に受ければいいんじゃない?」

などと勝手にスケジューリングしている。
そんなこと、あなたが心配しなくていい。

カリスマの俺に任せろ

である。すぐに実行したことは下記である。

・最短で受けれる手段の確認
・合格に備えて、Kさんに合格の連絡をするメールの作成

プロメトリックでは、確か3営業日以前に申し込まないとダメだか、VUEだと当日でも受験可能である。さすがに当日では苦しいので、翌日の受験ができるところを探してみた。新宿が空いていた。すぐに予約。と同時に、嫌味で「合格しましたけど、何か?」という内容のメールを出すために、前もって作成である。

それから試験内容の確認をしてみると、英語試験と日本語試験が選択できる。
当然、英語試験である。日本語試験なんて信用しない。

あとは徹夜で勉強するだけである。

翌朝、新宿でまず一科目目に合格。これでひとつCQS確保。それからお客様のところに移動して仕事する。それから再び新宿に戻ってきて二科目目の受験。合格でふたつ目のCQS確保。

よく知らないが、これで会社としては堂々とあるプロダクトを売ることができるのであろう。

カリスマの俺に任せろ、である。

プロの受験家をなめてはいけない。
一晩の時間をもらえれば、何とでもしてみせる。

まぁ、意地になって翌日に取らなくてもよかったのだが、そういうことにこだわるタイプである。挑戦を仕掛けられたら、受けて立つのがプロである。Securityのラボが迫っていたので、早くこの資格を取って、ラボに専念したいという事情はあったのだが。

今後も、何か無謀なことを頼まれたら、その時にまたきっと言うと思う。

カリスマの俺に任せろ

|

« ちょっと更新してみたりして | トップページ | 脳MRI+MRA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/8932560

この記事へのトラックバック一覧です: カリスマの俺に任せろ:

« ちょっと更新してみたりして | トップページ | 脳MRI+MRA »