« 外国へ行くときのお土産 | トップページ | ACSとTacacs+ »

2006年4月21日 (金)

ガレ兵の大学時代

私は電力系の通信会社に勤務しているのであるが、つい最近、親会社の電力会社勤務の、大学時代の同級生と晩飯を食べに行った。私は基本的に学閥とか嫌いなので、あまりこういうことはしないのだが、たまにはいいなぁと思って出かけた次第である。

彼は自分の部下を2人連れて来ていたのであるが、その2人に向かって
「いやぁガレ兵はすごい。何がすごいかって、こいつほど学校に全然来なくて、それでいて留年もせずに卒業するというのは本当にすごい。」
という妙なほめ方である。さらに
「授業を受けているのを見たことがない」
とまで言っていた。

あれ?
そうだっけ?
卒論で伝説を残したことは以前に書いたが、授業も受けなかったっけ?

ちなみに私は理系である。

同級生の記憶は確かなもので
「試験の時だけ来て、ちゃんとC取っていくんだから、すごい」
という。ちなみに、Dが欠点であり、Cというのはギリギリということである。

そんなリアルなことまで覚えてなくていいですよ。
Cばかり取っていたという、もう20年くらい前のことをよく覚えてますね。

電磁気学を再再再試でやっとCを取って卒業を決めたことを思い出した。
綱渡りでの卒業だったとです。

|

« 外国へ行くときのお土産 | トップページ | ACSとTacacs+ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/9700765

この記事へのトラックバック一覧です: ガレ兵の大学時代:

« 外国へ行くときのお土産 | トップページ | ACSとTacacs+ »