« 攻める気持ちを忘れていた | トップページ | ついに動いた »

2006年6月20日 (火)

博多弁はフランス語と語源が一緒

ずっと思い続けてきたことがある。
これは博多(というか九州北部)に住む人間にとっても、あっと驚く内容であろう。
私と同郷である「Overseas and Beyond」のKoichiさんもびっくりである。

博多弁とフランス語は根源が一緒である

皆さん、そんな馬鹿な、とお思いであろう。
フランス語が堪能な天才N氏などは憤慨するかもしれない。
(N氏にまた怒られるかな。。。)

だが、、、、

なんばしよっと(何をしているの、とかいう意味)
おばちゃんがくさ(おばちゃんがね、とかいう意味)

をフランス語っぽく発音して欲しい。
(フランス語っぽく言わないといけないところが実に怪しい説であるが。。)

ほら、フランス語そのものである。

|

« 攻める気持ちを忘れていた | トップページ | ついに動いた »

コメント

はい。ビックリです。
まさか博多弁とフランス語の語源が同じとは。。。

フランス語知ってそうな人をつかまえて、「なんばしよっと」と言わせてみます(笑)

ちなみに私は九州北部(北九州)の人間でしたので、基本は北九弁ですよ。博多弁はイントネーションが難しくて。。。ガレ兵さんは北九弁ですか?それとも博多弁ですか?

投稿: Koichi | 2006年6月21日 (水) 18時16分

私も北九州です。なので汚い言葉を使います。兄貴と話をしていると喧嘩しているのかと勘違いをされます。
ただ、私もずるい人間でして、大学時代に博多周辺で過ごしたものですから、賢く生きていくために博多弁の発音を身に付けました。(身に付けたと思ってます)
ですが、東京にいると自分では極めて美しい標準語を話していると思ってます。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年6月21日 (水) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/10600819

この記事へのトラックバック一覧です: 博多弁はフランス語と語源が一緒:

« 攻める気持ちを忘れていた | トップページ | ついに動いた »