« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月29日 (火)

体脂肪率が20%を切った

こんばんは。トレーニング評論家のガレ兵です。

一時は3z%(zは任意の整数)あった私の体脂肪率であるが、厳しいトレーニングの成果で20%を割り込んできた。もちろん短期的な変化ではなく、慎重に一週間くらいジムの体脂肪計で継続して計って、「20%を切った」と断言できると思う。

肥満度「重度」から「標準」に返り咲いた。
自分をほめてあげたいと思う。

次の目標は「体重アンダー70キロ」である。
あと少し。
頑張るぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

元祖長浜

Yahoo! Days でラーメンネタがあったので、ちょっとここで書いておこうと思う。
博多地区でラーメンを食べる場合、ここしかないと思う。

http://okiraku.cside.com/nagahamaya.htm

個人のHPなのですがリンクの確認していません。。。
すいません。。。

もう、20年以上前から私はここのファンである。
ラーメンといえば、ここの味を思い出す。

1.お店に入る
何も注文する必要はない。黙っていればラーメンが出てくる。ただし、麺の固さを指定する場合のみ、お店に入る時に「カタ」などというルールである。固いほうから

 ベタカタ>ナマカタ>カタ>普通>ヤワ

の順番である。ちなみに素人がナマカタ以上に手を出しては、決してならない

2.テーブルに着く
カップルで入ろうと、単独であろうと、とにかく相席が基本である。朝の5時くらいに行ってもお客さんでいっぱいなので、やはり相席である。タクシーの運転手さんが特に多いと思う。

3.替え玉をする
「替え玉を下さい」などというと、周囲の地元民から「あいつ、観光客じゃないと?」と思われるだろう。シンプルに「玉」とだけ言おう。それで十分である。カタの替え玉をする場合は「カタ」でいい。

難しいのは友人数人で行った場合である。さぁ、ちょっと難しい問題を出してみよう。3人で行って、「替え玉を3個注文するがそのうちひとつをカタにしたい」という状況の場合、何と言って注文すればよいだろうか。答えは

 玉3内カタ一(たまさんうちかたいち)

である。「たまさんうちかたいち」を一気に言えないとバカにされるだろう。(ウソ)

4.支払い
私の学生時代は250円(替え玉は50円)だった。徹マンをして、朝にこのお店で替え玉を2つでラーメンを食べるのが常であった。

5.味
あっさりの薄味である。私は美味しいと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

レースに出る

ようやく、全ての状況が好転して、レースに出ることを考えれるようになった。出場するのはオートポリスで開催される「秋のワンツーフェスティバル」である。

出場クラスは「オーバーフォーティボーイズ」というクラス。
要するに「40過ぎても遊び続ける馬鹿オヤジ達」である。

乗るバイクは宮崎のモトショップウィリーが「Z1000」を提供してくれることになった。カワサキのバイクである。今日、北九州から宮崎までウィリーさんに挨拶に行ってきた。ただし、マシンを受け取れるのはレースの2週間前くらい。ほぼ、ぶっつけ本番に近い。

私はホンダショップのチーム員(チームライフ)だから、通常はこういうバイクに乗ることはできないのであるが、イベントレース(要するに草レース)なのでライフの社長も快諾してくれた。

ぶっつけ本番だから、などと、悪い成績だった時の言い訳をはじめから考えているようであれば、元々レースなんてやってない。いつも勝つつもりでやっている。国際ライセンスとしての意地も、もちろんある。

現実的には、CBR1000RRなどという、とてもマシンのポテンシャルでは勝てないマシンも同じクラスに出場するので、ライダーの技量が同等な場合は、これには勝てない。同じ排気量であるが、絶対に勝てない。

それでも勝つつもりで走ってくる。

ひとつだけ言っておくが、今日は朝早く起きて、宮崎までの途中にあるコナミスポーツに寄ってトレーニングをして、それから高速で宮崎まで行ってきた。これくらいでトレーニングをさぼったりはしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

トリプル取ってシスコ圏外に転職する

ご存知の方もいると思うが、実は私は最近になって転職をした。
しかもシスコ圏外への転職である。

トリプルを取って、その威光だけで生きていこうとか、さらさら思っていない。そもそも、そんなこと何も評価されない。取ってみるとわかるが、本当に何も評価されない。ダブルを取った時にそれを痛感した。何も有利にならなかった。逆にあることで会社からはマイナスの評価を食らったくらいである。

でも、トリプルを目指した。
何度も書いてきたが、理由は「知らない世界を見てみたい」という純粋な気持ち。

転職を有利にしようとか、給料を上げようとか、何も思ってない。

あるゴールドパートナーの企業では月々のインセンティブとして給料が上がるらしい。これは珍しい例である。

R&Sひとつを取って、それで人生を楽に生きていけると思っている人がいるが、別にそれは構わない。ダブルを目指せとか、そういうことを言うつもりはないが、少なくとも先を目指す気持ちを失った時点でガレ兵(株)では雇わない。それだけのことだ。口を聞きたくないとか、そんな偏屈な事は言わない。思ってもない。

ただ、ガレ兵(株)では雇わないというだけである。

私は自然な流れでシスコ陣営を離れることになった。だが先を目指す気持ちは少しも失っていない。

転職に際に、人事担当者から見られているのはCCIEの数とかではない。くじけない気持ちを持っているかどうかではないかと思う。

で、くじけない気持ちを持っているからといって豊かな生活ができるかというと、人生とか難しいもので、それもまたちょっと違う。単なる自己満足である。

たった一回きりの人生である。

だからこそ楽に生きればいいという意見もあると思うが、自分がそこに生きているという確かな証が欲しい。そのために決してくじけないこと。これからも負けずに頑張っていこう。

とにかく、今はnetworkerに負けないこと。
直近の目標である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

こんなところ二度と来ない

現在、北九州空港である。
以前「利用しない宣言」をした私であるが、この時期、福岡空港便は格安運賃の設定がなく(往復割引すらない)、なぜか北九州空港便は格安運賃があるので、会社から「安く移動するように」と言われて、スカイマークは嫌なので、しょぼしょぼとこの空港に来たのである。

JALのグローバル事務局に以前聞いた話では
「SAKURAは無いが、空港のラウンジの無料券を配っている」
とのことだったが、なんとそのキャンペーンは5月までで終了しているということ。

手荷物検査場を超えると、お茶などできる場所もないとのことで、泣く泣く有料で空港のラウンジに入った次第である。

このラウンジ、上着を掛けるハンガーも無い。
PCを使う机も無いので、なんと言えばいいのか、応接セットみたいなテーブルに屈みこんでPCを使用中である。腰が痛いよ。

それで500円も徴収された。
(特定のゴールドカードで無料となる)

ビール以外の飲み物は無料であるが、そもそもジュース類をがぶ飲みするほど馬鹿な生活をしている私ではない。これだったら、レストランが上のフロアにあったと思うので、そちらの方が快適である。

最悪。。。
だから北九州空港は嫌なのである。

こんなところ二度と来ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

一ヶ月に59回ジムに通った男

皆さん、こんばんは。トレーニング評論家のガレ兵です。

7月は59回もジムに通った。基本的に、一日に2回ジムに行った。7/31は事情があってどうしてもジムに行くことができなかったのと、ある日は東京に行ったので2回もジムに通うことができずに、合計で59回である。

メニューは以前書いた通りに実行している。
そこまでやって、7月だけで4キロ程度落とした。

一ヶ月に2キロが限界だと書いたが、まぁ、普通はそんなものだが、ここまでやればもっと落とすことができる。

決して筋肉隆々という体ではないが、それなりに筋肉もついているので基礎代謝も増え、今ではきちっと計算通りに体重を落とせている(と思う)。

8月はここまでで、1.5キロ落としている。もしかしたら3キロくらい落ちるかもしれないが、無理はしない。

どこまで本気でジム通いをしているのか、非公開のつもりだったが、皆さんの参考になるかもしれないので、ひとつだけ公開しておこう。

私は出張に行く際に、あらかじめ宿泊ホテルにシューズやウェア、タオルなどを宅配便で送り込んでいる。私はコナミスポーツに通っているのであるが、全国に支店があるので、ホテルにチェックインしてから最寄りのジムに向かう。そしてまた宅配便で送り返す。そのため、シューズその他は何セットも持っている。

そこまでやる。
徹底的にやるのがガレ兵スタイルである。

いい加減にやっては体重は落とせない。
この時期実家に帰って、食って寝てるだけでは太って当たり前なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

JNCIEになるには

もちろんタイトルはぱくりです。
いつもすいません。

現在、JNCIEになるためにいろいろと調整中。
とにかく会社の理解がないと話しにならない。

まずはアソシエートレベルの学科試験から。
新鮮な気分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

同じテレビを見ている

最近、とある自己紹介で気が付いたのであるが、「CCIEになるには」のTOMOさんと私の見るテレビの趣味が全く一緒なのである。

・マグロシリーズ
・警察24時
・テレビのチカラ

どんなことがあっても上記だけは見るようにしているが、これがTOMOさんと全くかぶっているのである。もちろん、「マクモニーグルシリーズ」や「タモリ倶楽部」なども当たり前のように見るのであるが、上記の3つがかぶっている時点で、どうなんだろ?という感じである。

そもそもHDDレコーダーを購入したことが間違いの始まりであった。だって、圧倒的に録画容量がでかいので何でも録画してしまい、ついつい見てしまうようになったのである。

TOMOさんが「マクモニーグルシリーズ」や「タモリ倶楽部」を見ていないことを祈っている。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

シスコさん、今までありがとう

CCIEという資格がシスコに詳しくなる資格なのかという議論があるが、ある意味正解で、また不正解でもあると思う。

何度も言うが一番重要なのはプロトコル、もっと言うと、パケットやフレームそのものの動作が重要であって、シスコであるとかは関係の無いことである。ただ、何となく叩き込まれたシスコ流のコマンドみたいなものは身体に染み付いていて、Juniperやその他の機器を触るよりは早く設定できるだろう。その程度だと思う。

しかし、シスコというデバイスを通してインタネットワーキングそのものについて、ずいぶんと勉強させてもらった。CCOなどは技術解説としてみることもできる要素があり、他社の追随を許してないように思う。世の中に流通しているネットワーク機器も手ごろであり、個人レベルでも入手が可能なものが多い。それを使ってかなり知恵を付けさせてもらった。

つまり、今までシスコさんにはとても助けられていると感じている。
これに営業的な要素が絡むと嫌なことも多いが、総じて言うとお世話になっていると思う。

シスコさんにスペシャルサンクスである。

これからもシスコさんを触る機会はあると思いますが、シスコ陣営を離れることになりました。

今まで本当にありがとうございます。
変な意図はなく、心から感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »