« 体重が落ちない | トップページ | これが俺の生き様だ »

2006年11月24日 (金)

トルクレンチ

ボルトを締める際には、どれくらいの力で締めこめばいいのかの指定がある箇所がある。

・エンジン関連
・ブレーキ関連
・フレーム関連
・etc

というのは指定された力(トルク)で締めこまないと部品同士のクリアランス等が適切にならなかったり、エンジンだと極端な場合は歪が出たりして本来の性能を発揮できないのである。こういう時にはトルクレンチを使用する。

トルクレンチは、トルクのレンジの幅が決まっていて調整(設定)して使用するので、購入するに当たっては何の整備のために使用したいのかということを考える必要がある。

一般的に言えばエンジン内部の場合には「10~50Nm」くらいのもので良いだろう。車体関係に使う場合には「20~100Nm」くらいのものが欲しくなる。全てをカバーする製品はあまり無いし、精度を求める面からも数本を所持する必要がある。例えば「10~50Nm」のトルクレンチの場合、10Nmや50Nm近辺は精度が低下する。美味しいところをうまく使う必要があるわけだ。どれくらいのトルクで締め付ければ良いのかは整備書に書いてある。その通りにすべきである。

また、バイクの整備であれば差込角は9.5を使用すればよい。

私の場合は4本のトルクレンチを使い分けている。

T01

・すごく精密な場合用
・エンジン内部用
・車体用
・あるトルクだけのためのスペシャルトルクレンチ

トルクの調整(設定)は、リング状の部分を回して、自分の求めるトルクに設定する(プリセットする)。

T02 T03

指定したトルクに達したら、(プリセット型の場合は)カチッという音(というか感触)がするのでそこで締め付けをやめればよい。

トルクレンチの使用に関しての主な注意事項は下記である。

・プリセット型のトルクレンチは使い終わったら最下限値にして保管すること。
・カチッは一回しかやらないこと。二回以上やるとオーバートルクになるから。
・緩め側(逆転方向)での使用は厳禁。壊れます。

メーカーに関しては「東日」「KTC」くらいが適切だろう。安心して購入できる。私はスナップオンも使用しているが、一本で4万円弱くらいの価格であるのでちょっと高嶺の花である。しかし永久保証であることを考えると安い買い物であると思っている。

最近では設定したトルクに達すると電子音で知らせる製品も、KTCやスナップオン等が発売しており興味津々である。

最後にトルクの数値の表記法の違いについての注意

以前のトルクは「○○kgf・m」と書かれていた。現在は国際的に単位が統一され「N・m」(ニュートンメーター)という単位が用いられている。

 1kgf・m = 9.80665N・m

簡単に「1キロ = 10ニュートンメーター」で覚えてしまっても整備上あまり問題ない。

|

« 体重が落ちない | トップページ | これが俺の生き様だ »

コメント

あぁ、ありがとうございます。
小生はエンジンの整備なんてどんでもないので車体用に1本で充分だと思いました。
素人みたいな質問(というか素人なので)なのですが、メンテナンスブックはメーカーから手に入れられたりするのでしょうか?
バイク用品店などに行くとメジャーな車両のものは置いてあったりするのですが。

話はそれますが、YAMAHAの方を本日売却してしまいました。4万5千円にしかならなかったのが悲しかったですが、しかたありません。これでは1300の資金源にはならないですね。これまでバイク屋のオヤジ氏には2台目をよその店で購入したのを隠していて後ろめたかったのですが、これで解消です。

なんとかガレ兵どののお力で1300が4万5千円で購入できれば前向きに考えたいのですが。。。

投稿: 通りすがり | 2006年11月24日 (金) 20時58分

ホンダさんのバイクの場合は「サービスマニュアル」と言います。というか、言ってました。最近はどう言うのか知らないです。きっと変わってないかと。ホンダ系のバイク屋さんで注文できますが、入荷時期が全くわからないことで不評でした。現在はオンライン化されているのでサービスマニュアルの入荷時期もわかるかもしれません。他の方法(オークション等)で入手できるのであればそちらを推奨します。用品屋さんにも置いてあるのですね。御社の場合、オークションページはURLフィルタで引っかかるので会社からアクセスしないで下さい。
セローは売るとそんなものでしょうね。。。
悲しい現実ですが。
九州に転勤するということであれば、価格の件はライフさんに交渉してみましょう。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年11月25日 (土) 00時51分

早速のトルクレンチレビュー、さすがガレ兵どのです。

ガレ兵どのぐらいになると、工具はすべてスナップオンかと思っていましたが、KTCなどをお使いになっているとのことで、庶民派なんだなぁと少し安心しました。

ちなみにわたくしはKTCの庶民派でございます。

今日は、緊張感を持って拝見させて頂きました。
ずばり、トルクレンチを置いている布は、白Tシャツで、サーキットの必需品:キッチンペーパーではございませんね。

投稿: けいじ | 2006年11月25日 (土) 01時41分

私はKTCは使ってないです。
唯一、8×10のスパナだけKTCを入れています。
基本はKOWA(興和精機)で、スナップオンを少々、あとはお好みで、という感じです。スナップオンはソケットレンチだけでも3本持ってますけど、不満有りです。
工具全般に関すること、今度レビューしますね。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年11月25日 (土) 16時34分

サービスマニュアルは、バイク屋のオヤジ氏に聞いてみようかと思います。しかし私のメカの知識レベルというのは、初めて車のオイル交換をオートバックスでした時に、

店員氏:「エレメント交換しますか?」
小生:「エレメントってなんですか? 詳しくないもんで。。」
店員氏:「オイルフィルターのことですよ。」
小生:「・・・・・。」

くらいのレベルです。最初からオイルフィルターって言ってくれれば。だからマニュアルあっても何もできませんね。きっと。

ちなみに弊社では、教えてもらった例の串でももう2chは見れません。

オフ車を売ってしまったばかりなのに、例の講習会でトレッキングなぞやってきてしまいました。オフ車もやっぱり面白いですね。

4万5千円の1300は、転勤が必須でしょうか? だとすると新車で4万5千円が必須条件となってしまうのですが。

ガレ兵どのはバイクで公道を走らないことで有名ですが、次の工具特集は、「最低これを持っていけばツーリング時に安心」特集をお願いします。

投稿: 通りすがり | 2006年11月25日 (土) 23時22分

例の大阪串も使命を終えてしまいましたか。残念ですね。何でも見れてしかも速かったので最高でしたが。
ツーリングに行ったのは22年前が最後ですが、車載工具以外は持っていかないですよ、普通は。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年11月26日 (日) 01時25分

けいじさん
キッチンペーパーに関する件に答えてませんでしたね。
けいじさんはγでレースしていたと記憶していますが、私もRSの時にはキッチンペーパーを多用してました。現場でシリンダーまでバラすことが多く、ケースにごみが入らないように被せたりシリンダーやヘッドを置いたり、ガソリンで洗った後で拭くときに使いますね。
でも、4ストに乗るとそんなことをしなくるんです。現地でエンジンをバラすということはありません。だから、おのずとキッチンペーパーを使う頻度が激減してしまってます。それにひとつひとつのエンジンパーツが重いので、やっぱり「ダスキンのウェス」が一番良いなぁって思います。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年11月26日 (日) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/12799272

この記事へのトラックバック一覧です: トルクレンチ:

« 体重が落ちない | トップページ | これが俺の生き様だ »