« また一人の勇者が現れた | トップページ | 一年で20キロ落とした »

2006年11月 5日 (日)

足が折れていた

ここ一ヶ月くらい「足が痛いなー」と思っていた。右足の甲が痛くて、特に中指と薬指の付け根の辺りが激痛であった。ちっとも痛みが引かないので、今日、病院に行ってきた。

結果は、右足の薬指の付け根の辺りが一箇所骨折していて、すでにくっつきかけていた。病院に行かなかったのは

「どっちにしろ、ギプスをすることもできないし、放置するだろう。」

ということだったのだが、変なくっつき方をしたらまずいので病院に行った次第である。確かによく見ると左足に比べて右足が腫れている。靴を履くのも痛かったが、これで納得である。

先生曰く

「これは痛かったでしょうね。でも正常にくっつきかけてますので大丈夫。」

とのことである。確かに痛かった。トレーニングでランニングマシンを走っている時は何とか気力で頑張れのるで痛みを我慢できるのであるが、普段の生活の時には気力も抜けているので痛いのである。

これくらいのことでジム通いを休んだりはしない。だって我慢すれば大丈夫なんだから。こんな小さなことを言い訳にしてジム通いを休むようであれば、全てにおいて負けてしまうだろう。

|

« また一人の勇者が現れた | トップページ | 一年で20キロ落とした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/12557047

この記事へのトラックバック一覧です: 足が折れていた:

« また一人の勇者が現れた | トップページ | 一年で20キロ落とした »