« networker敗北 | トップページ | 砂糖入りの缶コーヒーなど飲んではいけない »

2006年12月20日 (水)

一番を目指す

私は人との付き合いには恵まれている。
彼はきっとガレ兵ブログを読んでいないと思うので好き勝手なことを書いてもいいだろう。

K氏としておこう。
あるSIベンダーにいた時の上司だった。

会社のメールで返信アドレスを女の子のものに偽装していたずらをしたり卑猥な言葉を含むメールを部長まで加わっているメーリングリストに投稿したりと、むちゃくちゃなことをやっているかと思えば、TCPについて語らせると私など全く手も足も出ない技術力を発揮する。私はK氏に衝撃を受けて、TCPに関する検証をイーサリアルを突っ込みながらやり、ACLでどのように止まるのかなど、とにかくK氏に追いつくために必死だった。

FIN-WAIT-1 という状態遷移がどこで起きるのかなど、そりゃちょっと調べればわかることだが、そういうことを何気ないところですらすらと答えるところに圧倒された。

ちなみに彼はCCIEホルダーではないがスキルでは私の遥かに上である。認めざるを得ない差が明らかに存在している。

今でも時々お会いして話をすることがある。
先日も会う機会があった。

その中で、ふとK氏が
「当時、ガレ兵さんがあれほど技術力の向上に執念を燃やしたモチベーションはどこにあったのか、それを教えて下さい。」
とおっしゃったので、私は即答した。

「あなたに負けていたので、追い越そうと思ったことがモチベーションでした」

K氏は驚いているようであったが真実である。
彼だけが打ちのめす相手だと思ったわけではないが、そのひとりだった。

逆に嬉しいことを言われた。

「負けていると思う気持ちから奮起するのも良いとは思いますが、そこまで追い込んで思わなくても、自分を認めてもいいのではないですか。だってガレ兵さんは勝ってるし、一番じゃないですか。」

全然勝っていると思っていない。
全てにおいてまだまだ全然足りていない。

でも、いつも一番を目指してやってきた
遊びでも一番を目指してやってきた
負けることが大嫌い。

K氏は
「自分だって一番を目指してやってますよ。そりゃ当然じゃないですか。でもガレ兵さんと同じところでは一番になれないので違うところで目指しますよ。同じところで勝てないし。」
と言って笑っていた。

まだK氏には勝てていない。
私もK氏と同じ土俵では勝てないと思うが、だが、彼に勝てないと一番にもなれないと思っている。

大きな目標を再確認することができた。

|

« networker敗北 | トップページ | 砂糖入りの缶コーヒーなど飲んではいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/13129747

この記事へのトラックバック一覧です: 一番を目指す:

» 昨夜は20年来の師とお話した [5 String Banjoな日常]
私が、この業界で仕事を続けていて、見習わさせていただいている頭の上がらない方との出会いが何人かある。 ガレ兵さんもその一人 だが、もっと若い頃...入社1,2年目で大きな影響を受けた人と昨夜、偶然久し振りにお会いした。 ? T氏としておこう。 当時、私は大阪で... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 13時47分

« networker敗北 | トップページ | 砂糖入りの缶コーヒーなど飲んではいけない »