« ANA有利説 | トップページ | お茶するならファミレス »

2006年12月 2日 (土)

ケーブルがたう

九州には変な方言が多く、かつて、博多弁とフランスの語源が一緒であるという、言語学者もびっくりする新説を披露した私であるが、九州内での人種の坩堝(るつぼ)と言われる博多周辺で過ごしていることで、方言には結構詳しいのである。

方言の中でもIT業界でよく使われる例を見てみよう。

ケーブルがたう

「たう」というのは「長さが十分であり、届くこと」という意味である。要するにケーブルの長さが十分である時に「ケーブルがたう」と言う。多分、博多近辺の言葉であると思う。

さぁ、来週の導入から早速皆さん、使ってみよう。

コンソールケーブルがたわんからJJとストレートケーブルを持って来い

みたいな感じで使用すればいいだろう。久しぶりにIT業界に役に立つ内容をブログに書いて充実感でいっぱいである。

|

« ANA有利説 | トップページ | お茶するならファミレス »

コメント

JJって?

何かの雑誌のような名前ですが...(^^;;;

投稿: 番犬 | 2006年12月 2日 (土) 01時03分

Jack-to-Jackですよ。
RJ45を連結するヤツ。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年12月 2日 (土) 01時08分

なーんだ。メスメスのことですか....

投稿: | 2006年12月 2日 (土) 23時38分

メスメスって言い方、いいですね。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年12月 2日 (土) 23時40分

バイクネタにしか顔を出さないと思っていたのですが、

「博多弁とフランス語は根源が一緒である」

というのはあまりにありえないので登場してしまいました。
英語とフランス語は実は結びついていたりするのですが、博多弁とは。。。ありえません。

どうしてもということであれば、納得できる実例を示していただかないと。。。

投稿: 通りすがり | 2006年12月 3日 (日) 19時52分

リンクを辿ってみてください。。。
きっと納得して頂けると思います。

投稿: ガレージ兵頭 | 2006年12月 3日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/12898770

この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルがたう:

« ANA有利説 | トップページ | お茶するならファミレス »