« バイクが見つかった | トップページ | 自在揉手 »

2007年1月24日 (水)

死ドニーのラボでなめられないためには

ラボを受験するに当たって、とにかく全てにおいて勝っておかないとダメである。精神的にも優位に立っておかないといけない。周囲に「おっ、あいつはやるな」と思われるくらいじゃないと、きっとラボにも負けるはずだ。

では、死ドニーで受験する際に周囲を圧倒するコネタを披露しよう。
簡単なことである。

さぁ開始ってことでラボルームに入るように言われた時に「ちょっと水を取ってきます」と、休憩室の冷蔵庫に行くのである。実際にはすぐそこにあるが、他の受験者は「受験慣れしているな」と、一目置くはずである。

単に死ドニーのプロクタが事前に飲み物の場所を説明しないことがほとんどだったので、それを利用して精神的に優位に立とうというだけで、他の受験地でも流用可能である。

私はこういうところから勝ちを意識している。

多分、こんなことを気にしているのは私だけであって、何の効果もないと言われそうなのは自分で理解している。自分の中で納得するかどうかの話である。逆に「あいつ、きっと何度も受けていやがるぞ」となめられてしまうという逆効果かも。。。

|

« バイクが見つかった | トップページ | 自在揉手 »

コメント

>>逆に「あいつ、きっと何度も受けていやがるぞ」となめられて
>>しまうという逆効果かも。。。

私はこちらの意見に賛成です。はるか昔、某商社系SIベンダー勤務時代に死ドニーに初めて行った時は、辞書を持ち込んだ時点でもう周りからなめられていたと思われます。

また、試験後の食事でオーストラリアレストラン(リコメンドのタイレストランではありません。)で、店員のかわいいおねえちゃんが本日の料理か何かを説明してくれているのに、よく意味が分からず思わずにらみつけてしまいましたよね。。。かわいそうにおねえちゃん、苦笑いをして説明をやめてしまいました。あの時のおねえちゃんの表情が今も忘れられません。できれば(試験ではなく)行って謝りたいと今でも思っています。

投稿: 通りすがり | 2007年1月24日 (水) 19時33分

辞書は必ず持ち込みます。英語は得意でも英会話はダメなんで、和英で調べてから質問しますので。通りすがりさんとは雲泥の差以上のものがあります。TOEICで980も取れないですよ、普通は。
レストランは、駅ビルの2Fのヤツですね。野菜がまずかった。。。料理もまずかったし。試験の前日だったですね、確か。
タイ料理->オーストラリアレストラン->タイ料理->ベトナム料理だったかと。ベトナム料理屋でコカコーラが出てこなかったので店に文句を言った通りすがりさんは格好よかったです。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年1月24日 (水) 22時40分

 ははは。さすがガレ兵さん、目の付け所が違う。
私は”「おっ、あいつはやるな」”に一票です。
ちなみに、”ちょっとトイレに行ってきます”は緊張してると思われて逆効果ですかね。。私はたまにやります。

投稿: vagabond | 2007年1月24日 (水) 23時20分

おや、カリスマのvagabondさんですね。同じ意見で光栄です。
トイレはいかにも逆効果だと思われ。私、あのトイレは横から見られそうで落ち着いてできないです。オーストラリアの公衆トイレはすべて一緒ですけどね。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年1月24日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/13637596

この記事へのトラックバック一覧です: 死ドニーのラボでなめられないためには:

« バイクが見つかった | トップページ | 自在揉手 »