« 一番の脅威が死ドニーに旅立った | トップページ | 子供がいじめを克服した »

2007年2月 5日 (月)

CR80再生計画(フレーム移植編)

レース用のCBR600RRが届いてしまったので、こちらを優先してセットアップしなければならず、ガレージ内でばらばらになっているCR80は、現在、お荷物状態である。

かといって中途半端では収納するのにも困るので、急いで完成を目指すことにした。

基本的に、旧フレームに搭載されている全てのパーツを新フレームに移植することになる。簡単なことである。公道を走るバイクと違って灯火類もなく、従って電装関係がとてもシンプルなのである。

まず、これはステアリングステム。面倒なのでフロントフェンダーを付けたまま外した。

S

これはリアサスペンション。

Rs

これはスイングアーム。

Sa_1

これらをまず新フレームに搭載して、リアから撮ったらこんな感じ。この時点ではまだリアホイールは外したままである。

Fr

フロントフォークも付けて前から見るとこんな感じ。

Front

これらを取り付けているネジ類は合計でも12個くらい。そんなものである。ちなみにトルクレンチは使わない。感覚的に2.5~3.5Nm近辺のトルクを間違うことはないからだ。

一箇所だけトラブル発生。どうしても外せないボルトがあった。文章での説明は困難なのだが、とにかく外せない。結局、旧フレームは捨て去るものなので、グラインダーでフレームに溶接されているナットを削り取った。それで問題なくボルトが外れた。こういうところは素人さんの場合はどうしようもないだろう。滅多にあることではないので気にしなくていいのであるが。

あとは旧フレームに搭載されているエンジンの移植である。CR80も水冷(年式によって空冷があるが)なので、10分で移植できるかと言われると、冷却水を抜いたりラジエターを外したりと、ちょっと10分では難しいが、30分あればできる作業である。ちなみにエンジンも4本程度のボルトで締め付けされている。

剥ぎ取られていく旧フレームはこんな感じである。

Old

|

« 一番の脅威が死ドニーに旅立った | トップページ | 子供がいじめを克服した »

コメント

あれ、木曜はこの車輌で赤坂ドトールまでいらっしゃる予定では?

徹夜して組まないと間に合わないですよ。

投稿: 通りすがり | 2007年2月 6日 (火) 23時02分

いや、明日中に組み上げて赤坂ドトールまで参ります。幸いにも徹夜は、一緒の会社で働いていた時から様々な作業があったり、最近では試験があったりと、慣れていますんで。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年2月 6日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/13803736

この記事へのトラックバック一覧です: CR80再生計画(フレーム移植編):

« 一番の脅威が死ドニーに旅立った | トップページ | 子供がいじめを克服した »