« 努力できることが才能である。 | トップページ | ロッカーは3番を使う »

2007年3月14日 (水)

CBRのセッティング

前にも簡単に書いたが、CBR600RRのインジェクションのセッティングについて再度書いてみよう。

セッティングは下記のような専用のケーブルを用いて行う。車体に同じ形状のカプラーが付いており、そこに接続するのである。

Cable

セッティング風景はこんな感じ。

Cbr00

Cbr01

専用のアプリケーションを用いてインジェクションのCPUと通信を行うが、当然のようにcomポートの選択もできるようになっている。デバイスマネージャでUSBのcomが何番に割り当てられているか確認しよう。

アクセル開度と回転数に応じて燃料の増量/減量をアプリケーションで設定する。回転数に応じた点火時期のセッティングも同様に決める。

次に「Data Write」を選ぶと、イグニッションを切るように指示が出る。

Cbr02 

次の画像は取り忘れたのであるが、「イグニッションをOnにして2秒以内に入力しなさい」と指示が出るので、キルスイッチを「Run」にしてOKを押印する。この車両はレースベース車なのでキーは付いていない。キルスイッチの「Run/Off」のみが付いている。キーが付いてないとガソリンタンクはどうやって開けるのかという疑問を持つ方もいるだろうが、マイナスドライバで開くようになっている。

数秒で無事にセッティング完了である。

Cbr03_1

今回はライフさんのご協力で全日本選手権を走っているチーム員で、同じマフラー(HRCアロー)を使っている人のデータをベースに数値を入力させてもらった。

|

« 努力できることが才能である。 | トップページ | ロッカーは3番を使う »

コメント

お世話になります。

貴社より提案していただきましたラチェットハンドルが先ほど届きました。ありがとうございました。

素朴な疑問をまたよろしいでしょうか?
それだけやれるのに、どうしてバイク屋にならずにサラリーマンになったのでしょうか? バイクの世界では、さらに高い技術を要求されるのでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2007年3月14日 (水) 21時17分

Ko-Kenのハンドルですね。
安くて良い品です。
一生ものですから大事にしてください。
バイク屋さんは商売ですから、単に整備できるとか、それだけの問題ではないのだと思っています。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年3月14日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/14255903

この記事へのトラックバック一覧です: CBRのセッティング:

« 努力できることが才能である。 | トップページ | ロッカーは3番を使う »