« 津村秀介を読む | トップページ | ラウンジで昼間にビールを飲む »

2007年3月21日 (水)

それはビックセイフ作戦から始まった

私は世界情勢をゴルゴ13を通して学んでいる。

記念すべき第一話はビックセイフ作戦だった。背後に立った女性をいきなり殴ってしまって投獄されるという、今となっては信じられない失態を演じている。現在のゴルゴなら、後ろに立たれる前に対処しているはずである。

「ワイワイガヤガヤ」など、これもまた今となってはちょっと変だろ、みたいな擬音語(?)も登場している。

しかし、ゴルゴの歩んできた道は世界情勢そのままである。
いや、もっと言えば世界情勢はゴルゴが作り出しているといっても過言ではないだろう。

普賢岳で火砕流が発生した際に夫婦の火山学者が巻き込まれたが、これはゴルゴの仕事である。基地問題に絡んだ複雑な状況をゴルゴが解決した。

セナとプロストが鈴鹿の第一コーナーでぶつかったことがあったが、これもゴルゴの仕事だった。依頼主は何と、、、 いや、書くと命を狙われる。

最近、ダイアナ元妃の死因を巡っての議論が活発であるが、これももちろんゴルゴの仕事だった。ゴルゴはバイクでベンツを追っかけて、正確に仕事をしたのである。これも依頼主を書くと私自身の命が危ないので気になる方は買って読んで欲しい。

ゴルゴの仕事だという証拠は、アルファイドとダイアナの乗ったベンツがぶつかったのは、トンネルの入り口から数えて、13番目の柱であったことでも明らかである。

|

« 津村秀介を読む | トップページ | ラウンジで昼間にビールを飲む »

コメント

私も国際情勢にはかなり興味があって広範なソースから学んでいるつもりなのですが、恥ずかしながらゴルゴ13から学ぶという視点は持っていませんでした。以前一度だけ床屋で読んだことがあって、確かにフランスの暴動か何かの裏でゴルゴが活躍してました。僕も消されたくないので詳しくは言いませんが。。今度、何冊か買ってみようと思います。

投稿: AG | 2007年3月21日 (水) 15時40分

すいません。どこまで本当なんでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2007年3月21日 (水) 21時14分

CIAも最近は仕事をゴルゴに依頼していることが多いですし、旧KGBや、モサド、もちろんMI6もゴルゴ頼みってことが多いですね。
書きすぎると危ないのでこの辺りでやめておきます。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年3月21日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/14337187

この記事へのトラックバック一覧です: それはビックセイフ作戦から始まった:

« 津村秀介を読む | トップページ | ラウンジで昼間にビールを飲む »