« シンナーでふらふら | トップページ | タイヤはこんなに消耗する »

2007年5月 9日 (水)

CCIEで無駄な問題など出ない

都市伝説シリーズ第一弾。
CCIEに関して言われることがある。

「CCIEに出題される問題なんて実務では全く役に立たない」

本当ですか?

ネットワークエンジニアの仕事もたくさんあって、人によっては全く役に立たないケースもあると思う。しかし、私は自分に課された全ての過去問題が財産になっている。

世の中に、様々合わせて15回のラボを受験した人間が私の他にいるのか知らないが、私は全ての問題を解析してまとめている。合格した問題もきちんとラボを組んで解析している。実際の案件で何かわからない時に、例えば「SPの2回目のVPNのセクションに出たはず」のレベルまで完璧に覚えているので、すぐに参考にすることができる。

限られた台数の中で試験をするので、問題の意図がぼけてしまうこともあるだろう。数台程度のネットワークで、そもそもBGPを動かしたりすること自体が何の意味があるのかなど、ケチをつけるときりがないが、問題のエッセンスは輝いていると思う。

私はSIベンダー勤務時代にエンタープライズのネットワークの設計・提案をしていたこともあるし、キャリアの担当SEをしていたこともある。キャリアそのものに勤務していたこともある。その時その時で、こららの過去問題データベースにいつも救われてきた。

これからもずっと救われていくだろう。

人より多く失敗した。
その分だけ人より一生懸命に勉強したと思う。

努力はウソをつかない。

|

« シンナーでふらふら | トップページ | タイヤはこんなに消耗する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/15005502

この記事へのトラックバック一覧です: CCIEで無駄な問題など出ない:

« シンナーでふらふら | トップページ | タイヤはこんなに消耗する »