« 神が降りてくる瞬間は絶対に来る | トップページ | リアルに計算など決してしない »

2007年5月24日 (木)

全てはマネージメントされている

Win

昨年の秋のレースに突然復帰したが霧のためにレースが中止になったため、私としては、もう何年ぶりかわからないほど久しぶりのレースであった。私は町乗りをしないのでバイクに乗ること自体が何年ぶりということになる。

なんだかんだと煙に巻いていたが、ジム通いもレース復帰のためだった。一年かけてレースに復帰するための準備を始めたのである。但しレースといっても選手権などは無理なのでイベントレースと呼ばれる「草レース」であるが走る以上は勝つためにやる必要がある。

その時点では乗るバイク(カテゴリー)を決めてなかったが、選手権時代の体重が65キロだったことを考えると最終目標はやはり65キロである。実際、選手権時代(15年前)のジーンズのウェストが現在でも問題なく入るのである。奇跡的にタンスの奥に眠っていたのであるが。

レースにエントリーして練習を開始しても、レース当日までいろいろと計算する。よくある失敗はタイヤをケチるあまりに古いタイヤで練習して意味の無い走行を繰り返したり、最悪の場合は転倒につながったりする。きちんとセッティングを出すためにはある程度はフレッシュなタイヤを投入する必要がある。

土日で何回練習に行けるのかを計算するが、雨天の場合も考えておく必要もある。時間が足らない場合は休みを取る必要もあるが、そのために仕事も調整したり前倒しで資料を作成するなどの努力は当然である。

勝つためにはどれくらいのタイムを出すのかなど、前回のイベント時の結果などを入手してタイムを想定し、それを上回れるように自分の目標を設定する。もちろん、そんなにうまくタイムなんて出るものではない。

例えば目標に2秒足りないとしよう。本来は絶望的なタイム差であるが、私の場合はブランクも長いため2秒足らないのが本来的な限界ではなく精神的なものであったりするので、それは何とかできる自信がある。あるコーナーからの立ち上がり加速に問題があると気づいたとしよう。じゃあスムーズに立ち上がるために前の前のコーナーあたりからのライン取りはどうなのか、いや、単にスロットル(アクセル)を開けれていないだけではないのか、などなど25分間の練習走行の中で試すことをきちんと実行してそれがタイムにどのように結びつくのかを見ながら走行する。

サスペンションがどこまで沈みこんでいるのかもデータを取る。調整の範囲を超えていればバネレートを変更したり、その他の抜本的な対策が必要かどうかを判断しないといけない。

前後で5万円(あくまで想定)ほどかかるタイヤのコストだが、これで2時間の走行に耐えることができる。25分の練習走行を約5回で捨てることになる。それをレースまでの練習走行で何セット使うのか。決勝は新品を使うとして、やはり予選も新品か。

練習走行代も2000円ほどかかる。ガソリンの消費量も走行毎にデータを取る。スロットルの開け方で若干だが消費量に差が出るためである。それで予選や決勝の際に搭載するガソリンの量を考えるのである。軽くしたいため搭載はできるだけ少なくしたい。

路面温度も測定する。放射温度計をサーキットに持ち込んでいる。その温度によって、使用するタイヤのコンパウンドを変更するのである。路面温度とタイヤの空気圧と、実際のタイヤの消耗具合のデータを目で見て確認してそれもデータとして残さないといけない。

私のバイク(CBR600RR)はインジェクションなので、燃料の噴射マップを場合によっては変更する必要もある。ストレートの吹けが悪い場合や、登りセクションでトルクに欠けているなど、それをインジェクションマップに反映させて、次の走行で変更が失敗なのかどうかを判断する必要もある。

やることは山ほどある。
表彰台の真ん中に立つために、膨大な作業をこなす必要がある。

全てはマネージメントされている。

|

« 神が降りてくる瞬間は絶対に来る | トップページ | リアルに計算など決してしない »

コメント

レースってサイエンスな部分がとても大きいのですね。もちろん「サスペンションがどこまで沈んでいる」とか「燃料の噴射マップ変更」というのが何を意味するのか、私にはさっぱりわからんのですが。でもレースはサイエンスでもある、という多くの人には自明であろう事実になんとなく感動しました。

投稿: AG | 2007年5月25日 (金) 09時25分

単に走るだけの勝負だったら、ここまで長く続けてないですねぇ

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年5月31日 (木) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/15180789

この記事へのトラックバック一覧です: 全てはマネージメントされている:

« 神が降りてくる瞬間は絶対に来る | トップページ | リアルに計算など決してしない »