« カズは二人いない | トップページ | 伝説の受験地が移動になった »

2007年6月 7日 (木)

営業にだまされたことがある

昔、営業にだまされたことがある。ちょっとひどい話なので聞いて欲しい。

私は九州でSEのマネージャをやっていた。とある夕方、東京(本社)の営業から電話がかかってきて、九州のあるお客さんの工場で深夜作業をやって欲しいとのこと。そのお客さんの作業は普段はパートナー企業さんがやるので私のグループがやる作業ではなかったのだが、作業員の都合がつかないということで「九州でお願いします」ってことになった。

あいにく、部下の方々は都合が悪い。ふむふむ、困った。東京の営業にとってはその作業はとても大事なので「何とかして下さい」と泣きついてくる。「誰でもできる簡単な作業です。機器を外して据え付けるだけです。」と言っている。

ガレ兵は翌日の早朝に東京出張があったので遠慮させてもらおうと思っていたのであるが、本当に誰もいないし、作業は3時から4時の間で終わるので、それからいったん風呂入って空港に向かえば大丈夫だろうってことで、退役エンジニアのガレ兵が現地に行くことなった。取り外した機器はパートナー企業さんの保守拠点にそのまま持ち込めばよく、24時間大丈夫だと営業が言っていた

まぁ、機器の交換だけだよな。

ところが、出発間際になって、その作業を統括しているエンジニアに連絡が取れたので作業の概要を聞いていくと、、、

・現状のルートを確認
・交換
・交換後のルートを確認
・複数のRouterのOSPFのneignborの確立を確認
・EXPINGで到達性を確認し、それをログに残す
・その他もろもろ

ちょ、ちょ、ちょ、それ、誰でもいいというレベルではないし、1時間でやるのは無理ですよ!

そう、困りに困った営業が、何とか誰かを行かそうということで「誰でもできる」という適当なウソをつきやがったわけである。しかも交換するのは2Uのちょっと重いスイッチ。それ、ひとりでやるの?

深夜の3時。営業から指定された場所でお客さんが迎えに出てくるのを待っていたが出てこない。時間が刻々と過ぎていく。結局、営業から聞いた待ち合わせ方法が間違いで、この時点で20分の消費。やばい。

お客さんの都合で必ず4時までに作業を終えないといけないのだ。

2Uのスイッチって重いですよ。何とか交換してルートを確認するが、、、何と、あるルートが流れて来ないよ。うーん、、

ただ、交換すればいいだけだと、だまされてきたガレ兵は窮地にたってしまった。全体のネットワークの構成がわからず何が問題なのかさっぱりわからない。お客さんは仁王立ちして作業を監視している

死にそうになりながらぎりぎり作業終了。交換したスイッチをパートナー企業さんに持っていくと、、、なんと、保守拠点が閉まっている

24時間開いているんじゃなかったの?
営業め、ウソつきやがったな。

結局、そのまま九州の自社に運び込んで、置手紙を営業所の皆さんに残してからすぐに空港に向かい、早朝便で東京に移動した。

東京本社で「何で九州で深夜作業をやったガレ兵が朝から東京にいるんだ?」と私をだました営業が不思議がってぽかーんとしていたが、きちんと落とし前を付けたのは言うまでもない。

何とかしようとする気持ちは分かるが、ウソをついてはいけないのである。

|

« カズは二人いない | トップページ | 伝説の受験地が移動になった »

コメント

誰ですか? そいつ。後で教えてください。

投稿: 通りすがり | 2007年6月 7日 (木) 21時41分

いや、本人の名誉のためにも非公開で、、、
あれ、まだいたっけ?
うーん、、わからない(笑)

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年6月 7日 (木) 22時06分

2Uの機器をラックにマウントしたんですか。
器用ですね^^;

たしかにうそはいけないですね。
作業を無事終了できたからいいものの、
万一できなければ、顧客、その営業さん自身、
そしてガレ兵さん、みなが損することになりますから。

投稿: はいねけん。 | 2007年6月 7日 (木) 22時43分

力だけは強いので、ぷるぷるしましたけどマウントできました(笑)

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年6月 7日 (木) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/15347880

この記事へのトラックバック一覧です: 営業にだまされたことがある:

« カズは二人いない | トップページ | 伝説の受験地が移動になった »