« いつ Gratuitous ARP を出すのか | トップページ | 俺なら負けていた »

2007年7月15日 (日)

やっぱりアンジェリーナだ

堂本兄弟とかいう番組があって、音楽番組なのかどうかよくわからないのだが、ゲストとして佐野元春が出演していた。私はこれをリアルタイムには見ずに、PSPにビデオとして落としたものをジムでランニングしながら見たのである。

タイミング的にはニューアルバムをリリースしたこともあっての出演だと思う。

犬に話しかけたりとか、そういういかにも佐野元春だというようなエピソードを交えながら楽しいトークが展開されていた。

そして番組の最後に一曲だけの演奏の時間。

新しいアルバムから選曲するんだろうな、と思っていた。

ところが流れた曲はアンジェリーナ。
言わずと知れたデビュー曲である。

アンジェリーナとサムデイはあまりにも偉大過ぎて、佐野元春フリークでもフェイバリットに挙げない程である。つまり別格過ぎて「この曲が好きだ」とかいう議論にならないのである。

ライブではこのアンジェリーナはアルバムバージョンとは違う前奏で始まる。実際にライブに行くと全身の血が沸き立つのを感じる瞬間である。「やっぱりみんなアンジェリーナが好きなんだな」という当たり前のことが、会場の異様な盛り上がりで感じることができる。

以前、一番のフェイバリットは「ダウンタウンボーイ」だと書いた。確かにこの曲もライブでは異様に盛り上がる。みんなが大好きなのも共通である。個人的にはビジターズツアーの頃のダウンタウンボーイが一番格好良く、好きである。

アンジェリーナがブルース・スプリングスティーンの曲調に似ているのは、もちろん佐野元春がスプリングスティーンにインスパイアされている面が大きいのであろう。

ランニングマシンに乗りながら、このアンジェリーナの前奏が流れた瞬間に、やはり血が沸き立ってしまい、もう、リズムは曲に合わされてしまって、走ることも不可能な状態である。

再認識した。
この曲は楽しい。

勝手にリズムに合わせて動き出す体を、もう止めることはできない。

やっぱりアンジェリーナだ。

|

« いつ Gratuitous ARP を出すのか | トップページ | 俺なら負けていた »

コメント

自分もアンジェリーナは大好きです。確かはじめてきいたのが中学生のときでした。ジャングルビートからはじまって当時の流行歌とは一線を画していたと思います。曲調は初期のころのほうがなんと言うか名曲が多いです。

投稿: networker | 2007年7月16日 (月) 10時57分

彼のデビューが高校生の頃だったので、鮮烈でした。こんな音楽聴いたことなかったし。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年7月16日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/15767418

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりアンジェリーナだ:

« いつ Gratuitous ARP を出すのか | トップページ | 俺なら負けていた »