« 子供たちが伝説の地に行く | トップページ | そこそこのネットワーク »

2007年7月19日 (木)

暗いと思っていたらスモールランプだった

学生の頃、クラスでも数名は車を持っていた。私も何とか中古でセリカを買って乗り回していた。

さて、友人がファミリアの中古を買った。

それで仲間うちで志賀島にドライブに行こうってことになって、ガレ兵などは毎日、塾の講師をやっていたので「夜に行こう」ということになった。

志賀島というのは福岡の市街地から一時間弱程度で行ける、有名なドライブスポットである。小さな島を回れる周回路が整備されており、また、展望台からみる福岡の市街地の夜景は素晴らしい。

余談なのだが、この展望台のベンチにヤンキーが落書きしたと見られる跡があって、なんだなんだと見てみると、、

「SPECTR」

と書いてある?

はて?
SPECTR?
スペクトゥル
何て読むんだよ。
SPECTERもしくはSPECTORだろ!

さて、男4人が乗ったファミリアは志賀島に近づいていた。しかし何だかライトが暗いのである。技術的なことでいうと当時の車はハロゲンライトではなくシールドビームであり暗かったのは事実であるが、それにしても暗い。

ガレ兵「ちょっとライトが暗くない? これ、危ないよ」
運転者「でもちゃんとライトは点いてるよ。」

志賀島の周回路を回ったことのある人であればわかるだろうが、外灯などはなくとにかく暗いところである。そこを男4人が

「ひぇー、危ねぇ!」
「おいおい、先が見えねぇぞ!」
「あ、海に落ちるぞ!」

とか、とにかく大騒ぎだった。何とか一周して戻ってきたのだがとにかく危険であって。

整備不良だろうか?
でも、こんなに暗いヘッドライトもねぇだろ。

死ななくてよかったよ。

その後、自動販売機で何か買おうと車を停めた際に、運転者があっ!と叫んだのである。

スモールライトしか点けてなかった!」

スモールライト、すなわち車幅灯である。
そりゃ暗くて当然だろ!
お前、みんなを殺す気かよ!

Routerのオペレーションでいえば、enableにするのを忘れていたということだろうか。ちょっと強引にネットワークの話題に持っていこうと思ったが、難しいな。これも何の教訓にもならず、単なるバカネタである。

|

« 子供たちが伝説の地に行く | トップページ | そこそこのネットワーク »

コメント

志賀島をスモールランプで一周って凄すぎますね。それも、男の人4人がぎっしり詰まって走っている、という映像を想像したらちょっとコワいです。
私はサイドプレーキを引いたまま、ハイウエイを爆走したことがあります。しかも社長の買って間もない車で。スピード出ないし、音はうるさくて、なんか変だなという気がしてはいましたけど、きっと車がボロなんだと思っていました。あとで謝りましたが、え、ああ、いいよ。。。と言いつつ引きつってました。

投稿: チョコボール | 2007年7月20日 (金) 03時14分

昔、巨人の長嶋が先輩である川上の車を借りて同じことをして、「先輩の車は30キロしか出ないんですね」と言った話もありますね。
志賀島はしばらく行ってないですが、今でも暗いんですよね、きっと。

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年7月21日 (土) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/15810443

この記事へのトラックバック一覧です: 暗いと思っていたらスモールランプだった:

« 子供たちが伝説の地に行く | トップページ | そこそこのネットワーク »