« ヨシムラが勝った | トップページ | ラスベガスのバカネタ »

2007年7月31日 (火)

ジムの鏡は小さく映る

こんばんは。トレーニング評論家のガレ兵です。

最近は順調に筋肉量も増えていて、特に上半身の筋肉量はコナミスポーツの判定でも「かなり多い」と評価される筋肉量を誇っている。

どんなに夜遅くなってジムでの有酸素運動ができない時でも、48時間毎のダンベルによる無酸素運動は欠かさない。あまり大酒を飲まないということは前提だが、飲み会から帰ってもダンベルはきちっとやっている。

既に、普通のおっさんの筋肉量は完全に凌駕しているのである。

マッスルITおやじというところだろうか。

自宅の鏡でも自分の筋肉の素晴らしさに見とれてしまうことがあり、ポーズを取ったりして、ひとり「むふふ」などと、ほくそえんでいる。

しかし、ジム通いをするヤツに共通認識である事実が存在する。
これは驚愕の事実でもある。

自慢の肉体もなぜかジムの鏡では小さく映るのである。

なぜ?
わからないが、なぜかジムでは自分が貧弱になるのである

誰か、これがなぜなのか教えて下さい。

|

« ヨシムラが勝った | トップページ | ラスベガスのバカネタ »

コメント

その名も、シェイプアップミラーなんてものがあったりします。もしかしたらそれかも・・・しれませんね。
痩せることが主たる目的でジムへ行く方も結構いらっしゃると思うので、ちょっとやっただけでやせて見えるのでgood、
筋力をつけたい人は、実際より、細く見えるので、もっとがんばらないとと、筋力が付く。どちらにとってもメリットのみかもしれません。

投稿: はいねけん。 | 2007年7月31日 (火) 00時28分

共通認識を強く共有するAGです。おはようございます。

まず第一に距離感があるのではと思ってますけどね。鏡までの距離が家とジムでは違う。

それと、回りで本気でベンチとかに取り組んでいるやつの筋肉を見せ付けられた後に鏡を見るので、彼らの筋肉の画像が脳内の揮発性メモリに残っていて、どうしても自分の筋肉と比較してしまうというのがあるのでしょう。

いずれにせよあれだけは本当にいつも驚愕しますよね。
「むふふ。。」のはずが「よ、弱そう」に変わりますからね。別人です。ホント。

投稿: AG | 2007年7月31日 (火) 07時27分

もちろん、周囲が凄い肉体という環境の中では全く貧弱なITおやじでした、、というネタです

投稿: ガレージ兵頭 | 2007年8月 1日 (水) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/15954611

この記事へのトラックバック一覧です: ジムの鏡は小さく映る:

« ヨシムラが勝った | トップページ | ラスベガスのバカネタ »