« 欲を我慢しなければいけない時もある | トップページ | 壮絶 »

2007年9月25日 (火)

ランクル200続編

さて、私自身はほとんど活動していないのだが、中古買取業者の方々が興奮してガレージ兵頭にランクル100を査定に来る有様である。



実は、バイクを運搬するハイエースを売ることになって、買い取り業者数社にそれを査定に来てもらったのであるが、そこにランクル100が置いてあったものだから、



「これ、何ですか? もしかしたらガレ兵さんの持ち物ですか?」



とか聞いてくるんで



「はい、200も出たんでランクル売ってもいいですよ」



というと、ハイエースのっちのけでランクルに興奮しているようである。



ふふふ。



こんな程度の良いディーゼルのランクルがあるなんてびっくりだろ。



結果的に買い取り価格は4年半前の車体価格と全く同じにまでつり上がった。

買い換えろということかよ。



ただ、私自身、ちょっと忙しいので、売るとしてもまだちょっと先のことだと思っているのであるが、「今、持って行っていいのであれば、xx万円出します」みたいなことばっかり中古業者の方々が言っている。



まぁ、一ヵ月後に同じこと言うのであれば、売るかもしれないな。

とりあえずは自分のペースで考えさせて下さい。

|

« 欲を我慢しなければいけない時もある | トップページ | 壮絶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランクル200続編:

« 欲を我慢しなければいけない時もある | トップページ | 壮絶 »