« 久しぶりにシスコを触る | トップページ | 欲を我慢しなければいけない時もある »

2007年9月22日 (土)

ランクル200がついに出た

テレビでも盛んにCMしているが、トヨタのオフロードフラッグシップモデルであるランドクルーザー(通称ランクル)の新型が発売された。ランクルの場合は型式番号を流用して呼称としているが、今回のモデルは「ランクル200」である。



全く値引きをしない売り方で、諸費用を含めると650万くらいになるらしい。



4年半前にランクル100を購入して、何の不満もなく乗ってきた。というか、初めて「これ以上の車は無い」と思って乗ってきた。次に乗る車が見つからなかった。他のランクル乗りの方々も同様のようで、金額だけでいうとレクサスにもっと高価な車は一部存在するが、金額とかそんな小さな価値観ではなく、同じ日本車でランクルを越える車を考えることができないというのが、共通した意見のようである。なので、次に乗り換える時に、同じランクルにするか、もしくは外車になるんだと営業マンが言っていたが、当時は理解できなかった感覚も今は「なるほどなぁ」とわかるようになった。



他の車のことを羨ましいと思わなくなって4年半経過している。



買い換えるつもりなど全く無かったのであるが、営業マンが「200のカタログが来ましたから!」と何度も連絡してくるんで、付き合いということもあって、カタログだけもらいに行ってきた。(現車はまだまだ先の登場である)



そこで驚くべき事実を知らされた。私の乗るランクル100は、一時は不人気だと言われたディーゼル車であるが、現在では人気が急上昇しており、何と、4年半前の購入金額からわずか50万円落ち程度でディーラーで下取りしてくれるらしい。



新型はディーゼル仕様がなく、ガソリン(ハイオク仕様)エンジンでは4Km/Lくらいしか走らないランクルはちょっと財布に厳しいのかもしれず、ディーゼル人気が高いとのこと。



む?

むむ?



50万円を追い金すれば、新車になるという計算(車両本体が高くなっていたり、諸費用など複雑なものはありますが)ですよ、これは。



ただ、すぐに注文しても車が手元に来るのは来年とのこと。

ちっ、それじゃ買えねぇよ。



一瞬だけ興奮して損した。

夢を見ずに仕事を頑張ろ。

|

« 久しぶりにシスコを触る | トップページ | 欲を我慢しなければいけない時もある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランクル200がついに出た:

« 久しぶりにシスコを触る | トップページ | 欲を我慢しなければいけない時もある »