« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

皆様ありがとうございました

さて、先日ガレネット主催セミナーを実施しました。



今まで様々な企業でこういうことはやってきたつもりでしたが、それは複数の部門の協力があったり、例えばリマインドメールを出してくれる広報部門があったりして安心してやれるわけです。それを夜な夜な自分でやっていくのは想像以上につらかったです。



本職の仕事も結構忙しかったので、目が回りそうでした。



そのせいで連絡不備等で出席者の皆さんにはご迷惑やご心配をおかけしました。この場を借りましてお詫び申し上げます。



セミナーが出席者の皆さんの役に少しでも立てたのなら幸いです。

セミナーそのものについてはTOMOさんのブログでどうぞ。



次回を開催できるかどうかわかりませんが、もし、他のセミナーも含めて開催することがあれば、皆さん、是非ともご参加頂きたいと思っています。



ガレ兵精神塾はもっとも人気がなく、開催の目処も立たずに撤退予定です。

ははは。



そういう状況でしたので、セミナーには完全徹夜で向かいました。セミナー終了、そしてスタッフとのランチまでは気力も体力も十分でしたが、羽田空港に向かう途中で完全に落ちてしまいました。



福岡に着いて自宅に戻ったのが19時くらい。それから、ランチ食いすぎていたんでジム行ってカロリー消費してきました。



それからバイクの準備を始めて、積み込んだりし終わって何とか寝ましたが、翌日は4時半起床で練習走行へ。3時間運転してサーキット到着。ふむふむ、天気が悪いな。



路面が乾くのをじっと待って、やっといける、と思った時に霧がかかって走行中止。結局、ツナギを着てじっと4時間ほど待機しただけで、何も走行せずに帰ってきました。



そこに中古車買取業者から電話あり、即決でランクルを売ってしまいました。

あわただしく契約書などを交わして、、、

ランクルさん、さようなら。。



あとはちょっと実家に寄って用事を済ませたりして、何とか今頃、PCに触れる時間ができましたよ。明日の仕事の資料を今から作りますね。



明日はタクシーが迎えに来る時間が3時50分です。

後半は単なる忙しい自慢でした。



おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

壮絶

こんばんは。今日は疲れもあって、ちょっと早く戻ってきましたガレ兵です。

ということでカレンダーメーカなどで遊んでみた。



http://usokomaker.com/calendar/



仕事と遊びのバランス取れてるのがガレ兵だよな、と思いながら、まずは実名にて入力して、ポチッとクリックなどしてみると、、、



gare.png



何だよ、これは。。。

ということで「ガレ兵」だとどうだ? と思ってやってみると。。。



gare-hyo.png



休んで休んで、英気を養っておいて、最後に決闘かよ。

誰と闘うんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

ランクル200続編

さて、私自身はほとんど活動していないのだが、中古買取業者の方々が興奮してガレージ兵頭にランクル100を査定に来る有様である。



実は、バイクを運搬するハイエースを売ることになって、買い取り業者数社にそれを査定に来てもらったのであるが、そこにランクル100が置いてあったものだから、



「これ、何ですか? もしかしたらガレ兵さんの持ち物ですか?」



とか聞いてくるんで



「はい、200も出たんでランクル売ってもいいですよ」



というと、ハイエースのっちのけでランクルに興奮しているようである。



ふふふ。



こんな程度の良いディーゼルのランクルがあるなんてびっくりだろ。



結果的に買い取り価格は4年半前の車体価格と全く同じにまでつり上がった。

買い換えろということかよ。



ただ、私自身、ちょっと忙しいので、売るとしてもまだちょっと先のことだと思っているのであるが、「今、持って行っていいのであれば、xx万円出します」みたいなことばっかり中古業者の方々が言っている。



まぁ、一ヵ月後に同じこと言うのであれば、売るかもしれないな。

とりあえずは自分のペースで考えさせて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

欲を我慢しなければいけない時もある

人間の三大欲については諸説あるようだが、細かい議論はさておいて、その欲を我慢しなければいけないこともあるのは当たり前である。



例えば、「レースで勝ちたい」などと思う気持ちそのものが、何欲に当たるのか全くわからないのであるが、しかし、それを達成するためには、ほぼ全ての欲を抑える(もしくはコントロール)することができると思っている。



それは「CCIEになりたい」と思う時も一緒である。



レースの事に話を戻すと、きちんと体重を落としたり、体力的な増強を図るために、どんなに苦しくてもいろんなことに我慢する自信がある。目の前に美味しい食べ物があっても、それでもし表彰台の頂点逃す可能性があると思えば、決して手を出さない。



ただ、実際には修行僧のようなレベルまでストイックにやってるわけではないのであるが、何がその時々で重要なのかくらいは考えて行動できるということである。



逆に「今は仕事に集中しなければいけない」と思えば、長期にわたってレースに出場しなかった時期もあるし、それも欲をコントロールできるということだと思っている。



今、何をやらないといけないのか。



多くの読者がシスコ系の試験に興味がある方々だろうと思うので、レース中心の議論ではピンと来ないだろうが、しかし、それをCCIE(もしくは他の資格に置き換えてみればいいだろう。



全く一瞬も他のことを考えることを許さない、などというつもりは全くなく、私自身もそんなに追い込んで勉強をしてきたわけではない。



しかし、二兎を追いかけたり、他への欲が出たりして、やるべき時にやってなければ決して合格することはない。お金の無駄である。



人生でしばらくの期間くらい、欲をコントロールすることくらいできますよね。



今までいろんなタイプの人間を見てきたが、合格できる人間とそうでない人間の差はそこにあると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

ランクル200がついに出た

テレビでも盛んにCMしているが、トヨタのオフロードフラッグシップモデルであるランドクルーザー(通称ランクル)の新型が発売された。ランクルの場合は型式番号を流用して呼称としているが、今回のモデルは「ランクル200」である。



全く値引きをしない売り方で、諸費用を含めると650万くらいになるらしい。



4年半前にランクル100を購入して、何の不満もなく乗ってきた。というか、初めて「これ以上の車は無い」と思って乗ってきた。次に乗る車が見つからなかった。他のランクル乗りの方々も同様のようで、金額だけでいうとレクサスにもっと高価な車は一部存在するが、金額とかそんな小さな価値観ではなく、同じ日本車でランクルを越える車を考えることができないというのが、共通した意見のようである。なので、次に乗り換える時に、同じランクルにするか、もしくは外車になるんだと営業マンが言っていたが、当時は理解できなかった感覚も今は「なるほどなぁ」とわかるようになった。



他の車のことを羨ましいと思わなくなって4年半経過している。



買い換えるつもりなど全く無かったのであるが、営業マンが「200のカタログが来ましたから!」と何度も連絡してくるんで、付き合いということもあって、カタログだけもらいに行ってきた。(現車はまだまだ先の登場である)



そこで驚くべき事実を知らされた。私の乗るランクル100は、一時は不人気だと言われたディーゼル車であるが、現在では人気が急上昇しており、何と、4年半前の購入金額からわずか50万円落ち程度でディーラーで下取りしてくれるらしい。



新型はディーゼル仕様がなく、ガソリン(ハイオク仕様)エンジンでは4Km/Lくらいしか走らないランクルはちょっと財布に厳しいのかもしれず、ディーゼル人気が高いとのこと。



む?

むむ?



50万円を追い金すれば、新車になるという計算(車両本体が高くなっていたり、諸費用など複雑なものはありますが)ですよ、これは。



ただ、すぐに注文しても車が手元に来るのは来年とのこと。

ちっ、それじゃ買えねぇよ。



一瞬だけ興奮して損した。

夢を見ずに仕事を頑張ろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

久しぶりにシスコを触る

最近、追い込まれてまして、ちょっと更新が遅れていました。



この時間(2時)になってもやらないといけないことが全く終わってなくって、いつ寝れるんだろ?って感じで久々につらいです。毎日、何とか3時間は寝る時間を確保しているんですけど、それ以上の時間を確保できないです。



明日、というか今日は、久しぶりにシスコに触る機会を得まして、ゴソゴソとSerial-USB変換ケーブルとか探して、きし麺とかをカバンに仕込んでました。こんなの、二度と触らないと思ってた。サーキットでバイクのインジェクションのマップを変更するために工具箱に入れてしまっていたんで、あれあれ予備はどこにあったかな、と探すのに時間かかりました。



まぁ、たまにはこんなことしてもばちは当たらんだろ。



ということで明日は行って来まーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ガレポロ完成

ついに、ガレネット渾身の企画であるガレポロが完成した。

なんだかんだと議論が沸騰したメインのポロの色はグレーになった。

ちなみにガレショップを近々オープンして、このポロは販売しようと思っている。



gp_gray.jpg



ところが、何とガレ兵スペシャルカラーということで、ちょっと挑戦的な色合いも作ってみた。なかなか見栄えが良いじゃろ?



 gp_all.jpg



ロゴはこんな感じで刺繍でできている。プリントだと簡単なのだが、ポロにうるさいガレ兵は刺繍を選択した。全く、何でこんなところに金をかけてるんだよ。



gp_logo.jpg

なかなか刺繍の出来もよろしい。

と、、、

あれ?

え”

こ、こ、これは???



gp_logo_mis.jpg



GARENE ですか?(泣)

なぜかガレ兵仕様のホットピンクのロゴだけ、これ一枚だけ、Tが抜けているのである。どういう工程で作業してるんだよ、全く。よし、明日、クレーム入れてやる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

こんな恥ずかしいものを被っている

ヘルメットの中にはこんな恥ずかしいものを被っている。もうちょっと格好の良いデザインにできなかったのか、誰もがこれを被っている時に写真に写るのを嫌がっている。



arai.jpg 

ちなみにこれはヘルメットリムーバーといって、転倒したライダーから救護者がヘルメットを脱がす際に、頚椎に負荷を加える事がないようにするためのものである。



rah-im.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

ガレステッカー披露

こんな感じでガレステッカーを使うのが正しい。

これ、なかなか決まっていると思うのは私だけでしょうか?



gn_rear.jpg



gn_full.jpg



gn_top.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

古いノートが出てきた

過去のいろんなものを整理していたら、突然古いノートが出てきた。すごくたくさんノートを作っている。



note.jpg



今見ても、書いてある内容は興味深い。

でも、誰にも見せないです。

もう自分でも見ることはないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

暗算は5桁までできる

世にはたくさんの習い事があるが、これだけはやっておいてよかったと思うのはソロバンである。といっても大人になってから始めてもダメである。なぜなら暗算ができるようになるには子供の時から習わないといけないからだ。



ちなみに、段位になるとソロバンを使って「平方根」「立方根」の計算などやらされていたのだが、それが何になったのかいまいちわからないのだが、暗算だけは絶対にできて困ることはない。



小学校の5年の時に最高潮を迎えたソロバン人生だったが、当時は7桁の暗算ができた。8桁になると、一番左側の桁(千万の桁)が微妙に覚えきれず、これはやはりできなかった。



歳を取るに従って、段々と受け入れられる桁数が減っていって、現在は5桁までできるだろうか。車を運転していて、対向車のナンバーを何気なく計算したりすることもある。



世に言う「数字に強い」というのは単に計算ができるという意味とは別のことであるが、でも、計算ができると得をすることも多い。



なので、ガレ兵家では子供たちは学習塾などには通ってないのであるが、ソロバン塾には通っている。上の子は段位を取得した。下の子は一級を練習しているらしい。



でも、実はソロバンというのは電卓よりも遥かに高価であり、ガレ兵家のソロバンは一台で2万円ほどする。滅多にこんな高価な電卓などないと思う。。。



1万円くらいのソロバンでいいと思いますが。このクラスになると玉の動きも実にスムーズで、かつ、動きがピシッと決まる精度でできている。もちろん、ワンタッチといわれる、ボタンを押すことでご破算ができるのが競技に向いていて、推奨する。



ソロバンも全国大会などあります。



ということで、もし、小学校に入るくらいのお子さんがいらっしゃるのであれば、近所のソロバン塾を探してみてはどうだろうかと思う。きっと「習ってよかった」と思うはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ガレステッカー作成

夜も遅くなって、ちょっとだけ自分の時間ができたのでガレステッカーを作成してみた。携帯に貼ったりとかも考えているが、基本はバイクに貼る予定である。



st-1.jpg 



まったく、こんなことしてるなら寝なさいと言われそうだが、楽しくて仕方ないです。



st02.jpg     st-3.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ポロシャツの色で悩んでいる

事の始まりはこうだ。



ガレ兵「ガレセミナーの申し込みが好評なんですぐにセミナーやりましょうよ。ガレネットスタッフの統一感をだすためにロゴの入ったポロシャツを作ろうと思うんですけど」



TOMO氏「まぁ、ガレ兵さんが自分でポロシャツ作成する会社に出向いて交渉して下さいよ。私は忙しいのですから。」



ということで、数社とメールや電話で交渉して、ここだ! と決めたところに実際に行ってから素材を自分で確認して依頼することになった。



で、ロゴのサイズの大きさや位置などを縫製工場と話し合って決めて帰ってきたのである。



ガレ兵「ポロシャツそのものの色はどうしましょうかね」



TOMO氏「ガレ兵さんは何にするつもりなんですか?」



ガレ兵「ロゴが黒いんで、やはり反対色の白が映えると思うんですよ」



TOMO氏「ちっ、そんな色、着れねぇよ。大体、ゴルフ以外で、誰が白いポロシャツなんて着るんですか。」



ガレ兵「じゃあ、幹部のTOMOさんは何色がいいとお考えですか?」



TOMO氏「ポロシャツに造詣の深い私としては、グレーがいいですね。」



ということで、意見がまとまらずに、喧々諤々の議論が繰り広げられている状況である。



さて、実際に開催されるガレセミナの際にスタッフが着ているポロシャツの色は何色になっているのであろうか。。。



gray.jpgwhite.jpg イメージ画像です



ちなみに、このポロシャツはガレショップで販売しようと思っている(笑)。

誰も買わないのにこういうことを企画するのが楽しくて仕方ないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

また、こいつを首にかけることになった

一度、封印したこのストラップだが、このたび、また首にかけさせて頂く事になった。



cisco.jpg



最近は人に会うと

「あっ、本当にJuniperさんのストラップしているんですね。」

と言われていた。



自分では、この、モノクロの無骨なイメージのトラップが一番似合っていると勝手に思っている。



これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

練習に行ってきました

前回のレースが終了して全く練習走行にも行ってなかった。私は選手権に出ているわけでもなく、イベントレースしか出ないのでそんなものである。限られた時間の中で、表彰台の真ん中に立つための努力は決して惜しまないが、それでも選手権ライダーとは取り込み方に大きな違いがある。



ap_1.jpg



昔、選手権を走っていた頃に「ビデオを撮りたいからサーキットに行ってもいいか」と聞かれたことがあったが、速攻で断ったことがあった。誰に見て欲しいとかいう気持ちは全くなく、人が見に来ることで自分の精神が乱されることが嫌で断ったのである。自分が何を目指してやっているかなど、絶対に理解してもらえずはずもなく、理解してもらおうという気もなかったので、見に来てもらわない方が嬉しかった。



現在、イベントレースに出ているのであるが、考え方もマイルドになっており、というか、見に来てもらえると心から嬉しいと感じている。



今日はポコも練習走行についてきた。



ap_2.jpg



レースに対する気持ちは以前から変わらないと思っているのであるが、歳を取ったのであろうか。



だから「見に行きます!」みたいなことが時々あるのだが、予選や決勝レースの時間など、自分から事細かく連絡するなどしている。頼むから皆さん、見に来て下さい。



ただ、決勝直前に話しかけられるのだけは、いまだにダメなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

こんな恥ずかしいことをしてはならない

これは私の普段使っているカバンである。サムソナイトを愛用している。ところがよく見ると、変なタグが付いている。



jal-1.jpg



近づいてよく見ると、、、



jal-2.jpg



あっ、JALグローバルクラブのタグだ!



そう、「俺はJGC会員だぞ」ということを見せ付けるためにこんな恥ずかしいものを付けているのである。一体、何考えてこんなのを付けているんでしょうか、、、



私はクラスJ などに座ることは滅多にないので、普通席に99%の確率で座るのであるが、その際に



「安い席ですけどここにJGC会員が座ってますよ。座席表見なくてもこのタグで分かるでしょ」



とばかりに、横のシートにカバンごとベルト留めするのである。ちなみに横に人が座ることも滅多にないので、私の隣は自分のカバンであることがほとんどである。



しかも、このタグが見えやすいように、タグの向きもしっかりとマネージメントするようにしている。



皆さん、JGCオヤジというのはこんなに寂しい心を持った人間なんです。。。



来年からANAに乗ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60分で10キロを走る

こんばんは、トレーニング評論家のガレ兵です。



ジムでの運動での醍醐味はランニングにあると言っても過言ではない。ガレ兵はPSPでビデオを見ながら黙々と走っている。



やはり最大の負荷をかけれるのはランニングである。



さて、どのくらいのペースでランニングしているのかというと、60分で10キロを走破することを目標にしている。しかし、実際にはかなり難しい。



ランニングマシンに乗ってもいきなり最大負荷にするわけではなく、ガレ兵などは初めの2分くらいはウォーキングをしている。なので、58分くらいで10キロを走るのである。



時速10キロをちょっと越える速度で走らないといけない。

これって無理ですよ、普通は。



走り始めは9.5キロ/時くらいで滑り出し、途中で速度を上げながら、心拍数にも注意をしながら、最後は12キロ/時くらいの速度でいっぱいいっぱいになりながら、10キロを目指して走り続けている。



正直言って、60分で走れるのは滅多になく、普通は62分くらいかかってしまう。それでもかなり追い込まないと達成できないペースである。



途中で何度もやめようと思うのだが、「ここでやめると、諦めグセが付く」と考えて、走り始めると必ず最後まで走ることにしている。こんなことでも負けたくないのである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

実は北九州空港を使っている

以前、旧ブログで北九州空港なんで使わないと暴言を吐いたが、実は使っているのである。



何と、空港の経営しているラウンジが搭乗ゲートの近くにできたのである。これは使える。直前までラウンジで仕事できるのは、ビジネスマンにとっては重要である。しかもハイセンスですよ、びっくりです。いや、北九州の田舎もんがこんなハイセンスなデザインできるとは、びっくりしたとです。



kitakyusyu-2.jpg



kitakyusyu-1.jpg



便数が少ないんで、移動に緊張を強いられるのが嫌なところだが、朝一番とか、夜遅い移動とか、時間がはっきり決まっている時は使えると思う。



ちなみにLAN接続も、無線アクセスも可能である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

太陽

今日、電車に乗っているとすげぇ色に髪を染めていたおねぇちゃんがいた。どういう仕事をしているんでしょうかね?



さて、かなり昔のことだが、ガレ兵の大学時代にはまだ髪を染めるという文化はほぼ無かったように思う。少なくともガレ兵は染めてなかった。



ただ、、、



厳しい大学受験を戦い抜いて合格したヤツラの一部は、ちょっと艶つけて、パーマなどをかける傾向にあった。一体、何を考えてそうしたのかわからないのだが、いわゆるパーマデビューである。



ばら色の大学生活を思い描きながらパーマなどをかけるのである。

実はガレ兵も大学に合格してから入学までの一ヶ月の間にデビューした。



もちろん、大失敗である。

当時の写真は全て廃棄している。



ガレ兵などは、まだマシな方であったが、友人のA君はひどかった。どういう技術でパーマをかけたらそうなるのかわからないが、あまりにも大きなウェーブが大胆に強調されており、そのウェーブは頭頂部に3波くらい乗っかっている感じであった。



ガレ兵の学生手帳の写真は失敗する前の写真を使っており普通のものだったが、A君の写真はウェーブが強調された髪形のものであり、とても見られたものではなかった。あれほど万人を必ず笑わせる写真には、あまりお目にかかることもないだろう。



a-kun.jpg



それで、A君の大学時代のあだ名は「太陽」であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

できるだけリアルな勉強にこだわる

新しく開設したことで、過去に触れた内容に近いことを書いてしまうことがあるがご勘弁を。



さて、私は勉強する際にはできる限りリアルな勉強にこだわっている。シミュレータソフトをメインで勉強に使うことなどは決してしない。



さすがにシリアル網を実際に作ったりすることまではしないが、一時期などはフレームリレー網をストラタコムで構成したりしていた。この辺り、ルータでやるのと何が違うのかといわれると微妙なところではあるが。



何かうまく動作しない時に現象を追い込んでいったりとか、OSのバグではないのかなどの推測を行ったり、極端にいえばReloadして立ち上がってくるまでのおおよその時間であるなどの勘所であるとか、実機でないと出来ない要素がたくさんあるように思っている。電源を切らずにモジュールを抜き差し(OIR)する際に、何をやっていればRebootしないのかなども、実機でないと頭に叩き込むことはできないだろう。



試験勉強も突き詰めていくとパズルを解くようになってしまい、どんどんとリアル性が失われていく。もちろんある一定の点数を取れば試験には合格するので勉強方法としては決して間違ってないのであるが、単なるパズラーに終わってしまうような気がしてしまう。



そんなあなたはたった一人で絶体絶命の窮地に追い込まれた時に脱出できるという自信がありますか。



ただ、数台のルータを積み重ねて勉強するのも完全なリアル性があるわけではない。しかし、メモリが足らないからと追加したりなどを軽々とやったりするのも、あなたのネットワークエンジニア人生にきっとプラスになるだろう。



信じられるのは、実際のルータがどのように動作するのかだけである。



結論は「必要な機材を必要な台数だけ購入しろ」である。

ここで妥協しても決して合格しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »