« 第2回 ガレセミナー開催 | トップページ | CCIEってすごいんですね »

2007年11月24日 (土)

もちろん数学には意味がある

さて、私は理系の大学の出身である。電子・通信に関する学部で修学している。



テレビなどを見ていると



「数学とか物理なんて、単なる勉強で、世に出ると全く意味がない」



などと暴言を吐くヤツがいるが、はっきり言ってムカつくのである。



お前にとって意味がないだけで全てを否定するな、ボケ!



私の例でいえば、大学を卒業して計装技術というものを職業にしていた。製鉄プラントにおける様々な計測制御の開発や実装が職務内容である。



その中でも炉内の放射測音が私のメインの職務で、かつ、他人に差を付けていたポイントであった。特許になっているので言っても構わないのだが、放射率と絶対温度を連立方程式を立てることによって同時に、かつ、リアルタイムに測定するという技術を開発したりする毎日であった。



はっきり言えば、毎日、数学と物理をやっていた



物理的な側面でいえばF=ma(ニュートンの運動方程式)から導かれる運動属性や、微分方程式をラプラス変換や偏微分で解を求めたりするのが、主な仕事である。



そういうことをしない限りは製鐵所なんて動かない。

他の製造業でも全く同じだろうと思う。



世の中にはいろんな仕事があって、それぞれを分担して、助け合って生きているようなものであると思う。少なくとも数学や物理を仕事とする人がいて、それで皆さんが生きていくのに必要な様々な製品が生み出されているのである。



数学には意味があるのである



ただし、私などは「数学が美しい」と思っているのであるが、そこまで数学にメロメロになるかどうかは分からないのだけれども。

|

« 第2回 ガレセミナー開催 | トップページ | CCIEってすごいんですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちろん数学には意味がある:

« 第2回 ガレセミナー開催 | トップページ | CCIEってすごいんですね »