« 落ちていくのがマラソン、上がっていくのが駅伝 | トップページ | ノリック伝説 »

2008年5月 3日 (土)

昼休みの終わりに起こるネットワーク障害

変な障害を、昔に経験した。

ある工場でのことである。



昼休みの終わりという時に、いつも決まって、そのタイミングでサーバに接続できなくなると言う。様々な切り分けによってサーバの障害ではなく、ネットワークの障害であるということはわかった。



しかし、原因がわからない。



一日のその瞬間だけ発生して、その他の時間は起きない。実害は少ないが、しかし解明しなければならない。遠隔でいろいろ調べたがわからない。



ということで、現地入りした。



昼休みの時間からじっと現地で待ち続けて様子を見ていた。そして、この時間だという時に、「あっ!」と原因がわかったのである。



その工場では節電のため、昼休みに蛍光灯を消灯していたのである。それで昼休みが終わる時に、スタッフがたくさんいる部屋の蛍光灯を一斉にスイッチオンするのである。



イーサのケーブルが電源ケーブルと平行して設置してあったという不幸な状況も重なっていて、蛍光灯のスイッチを入れていく際のノイズが原因で、ネットワーク停止に追い込んでいたのである。



なるほどねぇ。

こういうのは、さすがに現地じゃないとわからんです。

|

« 落ちていくのがマラソン、上がっていくのが駅伝 | トップページ | ノリック伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼休みの終わりに起こるネットワーク障害:

« 落ちていくのがマラソン、上がっていくのが駅伝 | トップページ | ノリック伝説 »