« ラックマウントシリーズ(その1) | トップページ | ラックマウントシリーズ(その3) »

2009年6月 2日 (火)

ラックマウントシリーズ(その2)

さて今日はネジに関する第一弾である。19インチラックにネジ留めする際に化粧ネジを使う人もいると思うが、私は貧乏なので使っていない。ネジ屋さんで大量に下のようなものを購入している。



neji-1.jpg



これは500個入って2000円くらいである。



neji-2.jpg



もちろん、使用するケージナットによってM5とM6を選ばないといけないのだが、それは価格にはそんなに影響しない。私の購入している日東のオープンラックはケージナットを必要とせず、アングルに直接M5のタップが切っている。だから、M5を購入するが、ネジの頭が大きくないと安定しないので「トラスネジ」と言われる種類を購入している。写真の通り、頭が大きくてラックマウント金具の穴が多少大きくてもバシッとトルクをかけて留めることができる。



neji-3.jpg



こんな感じで、化粧ネジほど美しくないがそこそこである。



なお、ケージナットを使用する場合には多少長いネジが必要なので20~25mmくらいのネジ(M5でもM6でも同様)がいいと思う。もし日東のオープンラックのようにケージナットを必要としない場合には、15mmくらいでいいのではと思うが、どっちにも使えるように20mmで購入しておくといいと思う。



買い方としては「トラスのプラスネジで、M5(もしきはM6)の長さ20mmで」と言えばいいだろう。正確にはピッチも必要だが、日本で普通に売られているM5,M6のネジであればピッチを気にする必要はない。



さて、明日はラックマウント金具をルータ(スイッチ)に留める際に使用するネジの事を書いてみようと思う。これも純正ネジなんて全く使ってないのである。

|

« ラックマウントシリーズ(その1) | トップページ | ラックマウントシリーズ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラックマウントシリーズ(その2):

« ラックマウントシリーズ(その1) | トップページ | ラックマウントシリーズ(その3) »