« エアコン無いとつらいですね | トップページ | ダンベルが倒れた »

2009年8月 9日 (日)

マルチキャストも実際に流す

できる限りリアルな検証にこだわるので、今日もマルチキャストの検証のために実トラフィックを流したりしていた。フリーのソフトウェアでもマルチキャストパケットを作成して流せるものもあるが、弊社ではアンリツか、もしくは富士通九州の負荷試験機を用いている。



マルチキャスト環境を作っているうちにどうもインタフェースが足らなくなったので、またもや、T1を使ってインタフェースを確保した。先日作成したT1ケーブルは1本だけだったので、苦手な作業ながら再度、Back-to-Backケーブルを追加で作成した次第である。



クロスを作らないといけないのだが、「1245、1245、、、」と必要な結線を呪文のように唱えながら作業していたら、何と、1245のストレートケーブルを作成してしまい、アホ丸出しである。



コネクタも意外に高価なんで、こういうアホな間違いは注意しないとイカンですね。

|

« エアコン無いとつらいですね | トップページ | ダンベルが倒れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチキャストも実際に流す:

« エアコン無いとつらいですね | トップページ | ダンベルが倒れた »