« 動脈硬化、異常なし | トップページ | ピンアサインを調べる »

2012年5月14日 (月)

福見の100%の笑顔が見れるだろうか

昨日、柔道の全日本選手権でついに女子48キロ級の代表選出に決着がついた。最近の約2年間の福見と浅見の争いは素晴らしい内容だった。



谷との直接対決に勝っても北京オリンピックの代表に選ばれなかった福見友子。かなりの柔道好きの私でも福見の100%の笑顔を見たことがないような気がする。



頂点(ここ)を目指してやってきた

(リンク先は削除して、当ブログ内の過去ログに移動しています)

特に世界選手権で初優勝した直後の厳しい表情が忘れられない。

勝ってもなお表情を崩せないほど重いものを背負っているのかと驚いた。



その後、頭角を表わしてきた浅見八瑠奈との熾烈なトップを巡る闘いは、昨年の柔道グランドスラムで浅見に軍配が上がったかと思われたのだが。



柔道グランドスラムにしびれる

(リンク先は削除して、当ブログ内の過去ログに移動しています)

昨日の初戦で浅見が負けなくて、二回戦で負けたのなら代表はどちらだっただろうかなど思いを巡らすことはあるのだが、結果として選ばれたのは福見であり、ロンドンでは一本を取る日本柔道の心を見せて欲しいと勝手ながら期待している。



なお、オリンピックで金・銀・銅、全てのメダルを取った田村(谷)に対して、日本人で2勝以上しているのは、福見友子だけのはずである。



その田村もシドニー決勝での内またで、相手選手の背中が畳に着く前に100%の笑顔を見せてくれたのだが、ロンドンでは福見の笑顔を是非見てみたい。今からロンドンオリンピックが楽しみで待ちきれない。

|

« 動脈硬化、異常なし | トップページ | ピンアサインを調べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福見の100%の笑顔が見れるだろうか:

« 動脈硬化、異常なし | トップページ | ピンアサインを調べる »