« CCIE合格者の訪問 | トップページ | コートは着ません »

2014年12月25日 (木)

スマートキーの電池交換

今の車はスマートキーの電池が切れるとかなりまずい状態になります。なので時々電池交換します。

ほとんどのスマートキーにはハードキーが付いてます(ボタン押してスライドさせて抜くみたいな感じ)ので、ドアを開けることはできますが、スマートキーで閉じたドアをハードキーで開けると警報システムが発報してクラクションが鳴ったりします。

このクラクションを止めるためにはエンジンをかけるのですが、スマートキーが使えないとエンジンをかけることができません(>_<)

このあたり、昔の車だとドアの開閉だけがリモコンで、エンジンはハードキーみたいな時代もありましたので、その際には手順も違いました。少なくともA80スープラの場合はクラクションが発砲して慌ててエンジンをハードキーでひねってかければOKでした。

さて、電池が切れたスマートキーでエンジンをかける方法はちゃんと準備されています。だって、電池切れて動けなくなるというのはかなり困ると思いますので。

電 池が切れたリモコンでスタートボタンを押してみてください。もしくはリモコンをスタートボタンのごく近く、接触させるくらい近づけてください。電池が切れ ていても、極端な話で言うと電池をたとえ抜いていても、エンジンがかかります。各メーカーで若干動作が違いますが、エマージェンシー用の手順として準備さ れています。

例えばトヨタだとちゃんとメーカーのホームページ(下記のQ7)に記載あります^^

http://toyota.jp/after_service/faq/equipment/index.html

「スマートキー 電池切れ エンジン始動」みたいな感じでぐぐると実際にエンジンを始動している動画等も見れます。

心配でしたらあらかじめ取説を読んでおくかディーラー等で問い合わせしておくと安心かと思われます。

|

« CCIE合格者の訪問 | トップページ | コートは着ません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートキーの電池交換:

« CCIE合格者の訪問 | トップページ | コートは着ません »