« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

フェルスタッペンの勇気に興奮

スパフランコルシャンで行われたベルギーGPは、自然の地形を生かしたサーキットそのものもチャレンジャブルで素晴らしいこともあり、毎年特に楽しみにしている。

ケメルストレートに照準を合わせて戦略を組み立てたグロージャンの3位も素晴らしかったが、なんといってもフェルスタッペンの8位に驚愕させられた。

前日のサポートレース(いわゆる前座)であるGP2で大きな事故があったブランシモン(と呼ばれるコーナー)で、確かアロンソとナスルだっと思うが、あまりにも大胆にラインを取り、そして抜いていった!

その勇気に興奮させられた!

あまりF1関連のニュースでは騒がれていないようだが、ラストラップでライコネンの背後に近づいて、ケメルストレートエンド(だったと思う)でインに飛び込んだドライビングも秀逸だった。ただ、見ていてギリギリに感じたのだが、やはり少々の無理があったようでフェルスタッペンはF1では珍しい4輪をドリフトさせてポジションをキープしようとしたが、ドリフトのままコースアウト。結果的にライコネンの前に出ることはできなかったが素晴らしいチャレンジだった。

モナコでの事故で「危険なドライバー」だと周囲のドライバー達は評するが、あの事故の真相は分からない。むしろ、何十年に一人の確率で時々出現する「とんでもなく速いドライバー」を恐れているように感じる。

そう、1991年にスパフランコルシャンでジョーダンチームから衝撃のデビューを飾ったシューマッハのように!

シューマッハは決勝自体はクラッシュで一周もしてないのだが、その才能は隠しようもなく何と次戦からベネトンに移籍して黄金時代を確立していった。

あの時の衝撃に似たものを感じる。

フェルスタッペンはまだ17才。父もF1ドライバー。あまりにも若いドライバーへのスーパーライセンスの支給だったためすぐに規定が変更になり、もう今後は17才のF1ドライバーは現れない。かなりの批判にもさらされた。

だがフェルスタッペンはそんな逆風に勇気で応えてくれた。

さぁ、イタリア,シンガポールを経てF1はついに鈴鹿にやってくる。
真の勇者しか受け入れない鈴鹿でフェルスタッペンがどういう走りを魅せるのか。

ベッテルが初走行した鈴鹿のS字をコース脇から見ていた解説者の今宮さんは「ベッテルが勝つ」と確信したと聞く。速いドライバーとはそういう事だ。

今から鈴鹿が待ちきれない!

だからF1は面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

2960-Xシリーズのスタック

シスコ2960-Xシリーズにはスタックモジュールが刺さります。
2960stack02_2
スタックモジュールはこのような形状のものです。モジュールの型式に2960という文字が含まれていますので他のスイッチの流用ではございません。
2960stack01
こういうのはできる限り記憶しておくようにしています。と言いますか一度自分で触って、実際にモジュールを挿入したりすると忘れません。
そもそも興味津々ですよね?
なぜこれが専用品なのか、それは内部構造なのか何に依存して専用なのかなど思いを巡らずだけで時間が過ぎていきます。そういうことを考えるので忘れないのだと思いますが^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

廃棄

古くなった機材は、まだ正常動作するものでもいつかは廃棄する運命ですが、特にルータに関しては古いものは必要なくなります。その古いルータじゃないと困る!ということが少ないからです。
ということで、あちこちに置いていた古いものを廃棄することに。
Haiki
かなりの量になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村美里に厳しい表情が戻ってきた

柔道の世界選手権は必見であるのは言うまでもない。
今回は52キロ級の中村美里だ。

NHKのアスリートの魂での近藤亜美特集で、ちらっと同じチームに所属する中村美里が写り込んでいたのだが、何だか優しい表情になってて心配だった。

北京で銅メダルを取ったが、金メダル以外は負け戦だと、にこりともしなかった中村が笑ったところをあまり見たことがない。プライベートを知らないので、競技中はそういうスタイルなのだろうが、それほどまでに厳しい表情を崩さなかった中村の優しい表情が意外だった。

その中村が金メダル。

中村はそれでも厳しい表情を崩さない。
どれほどの思いを背負って畳に立っているのだろう。

準決勝ではポイントで負けていた中村が、ラスト1秒での技ありで逆転、そのまま勝って決勝に進んだ。見ているガレ兵も痺れる闘いだった。

北京に続くロンドンでは惨敗した中村は、オリンピックでの頂点を獲りたいと公言する。このレベルにあるアスリートであれば当然の目標であろう。銀でいいと思っていて、日本の柔道の頂点になど立てるはずもない!

もちろんまずは国内での勝負に勝って代表に選ばれなければならない。
だが、厳しさを知る中村がリードしている状況だ。

インタビューで、ほんの少しだけ、表情が緩んだ中村は「悔しさがあるので、その悔しさをリオで晴らしたい」と決意を語った。

リオまであと一年。
今からリオが待ちきれない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

浅見八瑠奈の銀メダル

柔道の世界選手権がカザフスタンで行われている。放送は深夜だが必見だ。もちろん全階級が楽しみだがその中でも女子48キロ級は待ちきれないほどだった。

浅見八瑠奈と近藤亜美という、日本の誇るエース2人が出場している。事実上、この二人でリオのオリンピック代表が争われている。浅見はロンドン五輪の争いで高校生に敗れて代表が福見に決まり、涙した。あれから4年。

浅見は日本の柔道らしい一本を狙う戦いで勝ち上がり決勝に進んだが、パレトに敗れて銀メダル。パレトは昨年の世界選手権では優勝した近藤に敗れて銀メダルだった。今回、浅見に勝ったパレトは畳から降りる時に嬉し泣きをしているように見えた。

負けた浅見は悔し涙で会見に臨んでいたが、いい表情をしていた。まだ代表争いに勝ったわけではないが、はっきりとリオでの金メダルを口にした。

対する近藤は敗者復活戦で勝ち上がって何とか銅メダル。
リオにも可能性を残したギリギリの結果。

どちらがリオに出てもいいのだが、あいまいな基準ではなく強い方を選考して欲しい。

浅見は2013年の世界選手権では3連覇を逃し「迷惑をかけた」という言い方をした。それほどまでに勝つことを期待される日本の柔道のエースたち。どれほどの研ぎ澄まされた世界なのかと気が遠くなるほどである。

あと1年。
どちらが代表に決まるのか息が詰まるような思いがする。
今回の結果(浅見が銀、近藤が銅)だけでは分からない。
浅見も金メダルが獲れずに悔しかったことだろうし満足してないはずだ。

どちらが出ても日本の柔道の神髄を見せてくれると思う。

やっぱり日本の柔道が一番きれい。
一本を狙う柔道が見ていて気持ちいい。
日本の柔道が大好き。
自分には柔道の経験は無いのだけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

竜宮城ぷるぷる

弊社はAUさんと携帯の法人契約を持っているのですが、その関係なのかどうか分かりませんが、担当営業の方がこんなものを持ってきてくれたようです。

私はAUさんのCMに詳しくないのですが、ホームページを確認すると販促品みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

革の手入れ

いつ手入れしたのか分からなくなるので、少なくとも自分の誕生日の近辺に名刺入れと財布の手入れをするようにしています。

名刺入れと財布は土屋鞄のブライドルレザーを使っています。極端に高いものではないですが、自分としては背伸びして買った印象がありまして、手入れしながら長く使うつもりです。特にブライドルレザーは革に個性が表れる性質ですし愛着も湧きますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

ケンサキイカ

お盆は土日も含めて休まずに仕事ですが、先週くらいに長崎の友人の船でケンサキイカの夜釣りに行って参りました。

日が沈む風景は何とも涼しげですが実際には猛暑です^^;;

スッテと呼ばれるルアーのようなものを使って釣ります。よく知られているようにライトで海面を照らして釣るのですが、イカを直接集めるというよりも小魚やエビ類を集めて、それを捕食しに来るイカを釣ることになります。イカ自体は暗いところにいて、捕食する時だけ明るいところに出てくるようです。海中を見たことないので単なる知識でしかないのですが、そういうイメージを持って釣るのが大事なことだと思います。

あまりたくさんは釣れませんでしたが満足の一日でした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

VSS

シスコNexus(5K)を導入する案件がございまして、既存で接続されている機器にVSS(Cat6500)がありますのでルーティングの確認のために弊社で検証関係を作成する必要がありました。

N5Kは特に問題は無いのですが、このVSSで少しだけ手間取りました。VSS720のスーパーバイザー同士でVSSを組みましたが、系間の接続は10Gが要件ですのでそれなりのトランシーバー等が必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »