« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

サンスベリア復活

うっかりとマンションに置いていたサンスベリアを枯らせてしまった私ですが、部屋に緑がないというのは運気に関わるような気がします。

陶器の器だけは結構高価なので捨てきれなかったため、それを会社の観葉植物のリースをお願いしている会社さんに渡しまして、サンスベリアだけを見繕ってもらいました。

で、本日、会社に届きました。

会社からマンションまではごくごく近いので、台車でゴロゴロと運んで終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

シスコ841M

昨年に発売になったシスコの841Mシリーズです。

かなりの戦略的な価格設定になっていますし、GUIでの設定もサポートしていますね。小規模な拠点だったり、場合によっては家庭とかでも使う人がいるのではないでしょうか。電源も2P仕様です。このあたりは家庭向けを意識しているように思います。

なによりも感じるのは、デザインが攻めてるなぁということです。
新しい機材が来るとつい筐体を開けてみたくなります^^
ちょっと忙しいので、来週にでも開けてみます。
メモリやFLASHとかの構成とかを確認しておきたいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

まずまずの釣果

仕事が忙しい中、時間を見つけて釣りなども真剣にやってるわけです。

九州では10キロ未満のものをブリとは呼びませんが、いわゆるブリ(の子供)です。クーラーの内寸は80センチです。魚は70センチ以上ありまして、重さも4キロとか5キロとかなので、恐らくスーパーとかでも絶対に見かけることのないサイズだと思います。

まずまずの釣果ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

Copper Twinaxケーブル

10Gを光で接続しようとすると高コストになりがちです。SFPも高いですし光ケーブルも高いです。そのかわり距離については長距離に対応できたりと柔軟性があります。

逆に言うと距離が短くていいのであれば光の必要はありません。銅線で十分です。
そういう用途には、Copper Twinaxケーブルが適していると思います。
もちろん安価です。

これはシスコのSFP-H10GB-CU5Mです。

SFPと銅線の部分が一体になっています。

規格上10mまでですが、ラック内だったり近接してたり、ToR(TOP of RACK)構成の時などにはこれでいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »