« パナソニックの対応が素晴らしい | トップページ | 柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさ »

2016年8月 7日 (日)

中村の笑顔が見れるだろうか

中村美里は金メダルを獲るまでは笑わないと言っている。

これを書いている時点で2回戦が終わったところ。中村は初戦で横四方をがっちり固めて、さらに右腕も極めていた。完璧な勝利だった。

決して笑わなかったが、少しリラックスできたのか、勝利の瞬間に微笑んだように見えた。3回目のオリンピックで落ち着きがあるのだろうか。

北京では銅メダルを獲っても少しも笑わず、金以外は負けだと言ったと記憶している。ロンドンではまさかの2回戦、つまり初戦敗退。そして4年後の今日を迎えた。

期するところもあるだろう。
応援に来ている両親に金メダルを掛けてあげたいと言っている。

中村が心から笑うところを見てみたい。
そして美しい日本の柔道を見せて欲しい。
心から願っている。

|

« パナソニックの対応が素晴らしい | トップページ | 柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさ »

コメント

兵頭さん、お久しぶりです。
元気でお過ごしのことと思います。
中村、残念でした。
他の銅メダルに終わった日本選手も、相手に負けたというより、審判に負けたという感じですね。
4年間の努力があの審判では可愛そうです。

投稿: ツツミ | 2016年8月11日 (木) 10時15分

ツツミさん、こんにちは。
他の国の選手はJUDOというスポーツとして挑んでくるので、武道と捉えている日本は苦しくなってきましたね。それでも日本の美しい柔道が大好きです。

投稿: ガレージ兵頭 | 2016年8月12日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/64027188

この記事へのトラックバック一覧です: 中村の笑顔が見れるだろうか:

« パナソニックの対応が素晴らしい | トップページ | 柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさ »