« 中村の笑顔が見れるだろうか | トップページ | 金メダル取れなかったー »

2016年8月 9日 (火)

柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさ

男子73キロの大野の金メダルは圧巻だった。
何よりも一本を取りにいく攻めの柔道に酔いしれた。

外人選手だと技ありや有効を取れば、あとは4つの指導を取られないように(4つで反則負け)、掛け逃げ(偽装的攻撃)を繰り返しながら3つの指導まで取られながら逃げるような選手も見受けられて悲しい気持ちになるが、大野は常に一本を狙い続けた。

決勝でもその姿勢は変わらない。
終始圧倒しての、内股の技ありから、最後は綺麗に小内刈りで一本を決めた。
相手も天を仰ぐほどの鮮やかな切れ味。

大野を見ていると、礼では誰よりも頭を深く下げ、全ての所作で相手への敬意も感じられて、柔道家としても人間としても立派な振る舞いに、技の切れ味もさることながらオリンピックという大舞台で周囲を圧倒し続けたように思う。

師でもある解説の穴井(ロンドンで二回戦負け)も、頼もしいですね!と言いながら恐らく涙ぐんでいるように聞こえた。

大野はインタビューで「柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさを伝えられたと思う」と胸を張った。もちろん、あなたの柔道にはそれら全てが凝縮され、見るものを感動させてくれた。あなたの素晴らしい切れ味鋭い柔道に、どれほどの日本人が誇りに感じたことか。ありがとう。

東京では二連覇がかかった闘いになる。
野村の三連覇にどこまで近づけるだろうか。
今から東京が待ちきれなくなった。

その前に熾烈な日本人同士の代表争いがあるのだが。

|

« 中村の笑顔が見れるだろうか | トップページ | 金メダル取れなかったー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/64033280

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさ:

« 中村の笑顔が見れるだろうか | トップページ | 金メダル取れなかったー »