« 金メダル取れなかったー | トップページ | スポットライトの球切れ »

2016年8月18日 (木)

もっといい試合がしたかった

女子レスリングは試合のあった3階級とも金メダル。素晴らしいという言葉では言い表せないが、本人たちの努力もさることながら協会含めて関係者全員の勝利という事だろう。

前回のロンドンで小原(旧姓坂本)が競技に復帰しての金メダルで感動を与えてくれた48キロで、初出場の登坂が最後の最後で逆転。5秒を切っていたのではないだろうか。喜びを爆発させた。小柄な登坂が栄監督を肩車。いつものように監督の方が喜んでた^^

4連覇のかかった58キロの伊調(馨)は、その48キロでの連続銀メダリストの姉(千春)を持つ。この試合も最後の5秒で逆転。元々シャイな性格の伊調馨は喜びも控えめだった。試合を見てきていた千春が駆け寄ってくるシーンが放送されたが、一個目の銀で少しも笑わず、二個目の銀では笑顔を見せた千春は、妹の快挙を心から喜んでいる感じだった。競技者としての鋭い眼光は既になく、優しいお姉さん。そんなお姉さんと握手して伊調は涙を流した。

試合は見れなかったが、69キロの土性も同じく最後に逆転での金メダル。同点で終わったが、ポイントの取り方で土性の勝ち。重量級では今まで金を取れなかった日本だったが、土性がやってくれた!

さて、やはりコメントとしては伊調のそれが気になるところ。
ガレ兵も注目のポイントだった。
喜びの中で安堵が見え隠れする、そんなインタビュー。

もっといい試合がしたかった

見ていて思わず声が出るほどのギリギリの逆転だったが、こんな逆境は何度とくぐり抜けているはずだと妙な安心感もあったが、それでも終了の瞬間にこちらの方が力が抜けて脱力してしまうような勝利だった。あれでも伊調は試合を見切っていたのかどうか分からないのだが、最後のワンチャンスを確実にポイントにするところが4連覇の女王ということなんだろう。

もっといい試合がしたかったというのは本音なんだろうけど、12年に渡って金メダリストであり続けたあなたの勇気ある闘いに見ている私たちも大いに元気づけられ、そして誇りに感じた。

2連覇の後だったか、お姉さんが引退を決めた時に、天才とも言われる妹の馨も同時に引退をほのめかしたことがあったが、リオを最後に引退するのかどうか分からないのだが、あなたの残した功績はあまりにも大きくそして高いということをみんなが知っている。

ありがとうございました。

|

« 金メダル取れなかったー | トップページ | スポットライトの球切れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/64076109

この記事へのトラックバック一覧です: もっといい試合がしたかった:

« 金メダル取れなかったー | トップページ | スポットライトの球切れ »