« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

和風鶏から揚げ

オフィスの横のセブンイレブンでよく買い物をする私ですが、最近、冷凍の「和風鶏から揚げ」を置かなくなったことを憂ってました。なかなかのクオリティでしたので。。

毎日のようにチェックしても置いてないので、こりゃ販売そのものをやめたのかも、と思ってセブンイレブンのホームページを見てみると普通にラインナップに入ってます。

おやおや?
どういうこと?

と思い続けて数か月が経過してましたが、一昨日のこと、やっと復活してました。
なんだか微妙に袋の色合いが変わったような気がします。
ちょっとだけビビッドになったといいましょうか。

Karaage1_2

で、カロリーも増えているような気がします。
いや、記憶の間違いの可能性の方が高いですが。

Karaage2

ともあれ良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

ME3600X

シスコのスイッチのシリーズの中でも少々珍しいものです。

Me36002

見た目は普通のスイッチに見えますね。

Me36001

でも、こういうところのステータス表示とかが他のシリーズとは一線を画していますね。

Me36003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

平尾さんの走りはセンスの塊

元ラグビー選手の平尾さんが亡くなった。
とても残念。

スクールウォーズというドラマになったことでも知られているが、私はこのドラマを見ていない。平尾さんが現役の高校生だった頃、当時も放送されていた全国大会の結果を知らせる夜のテレビ番組で、山口良治監督率いる伏見工にスポットが当たっていたのを今も鮮明に覚えている。試合開始前から山口監督は感極まって泣いていた。いわゆる泣き虫先生と言われる所以だ。

その後、大学・社会人と、優勝請負人とまで言われるようになった平尾さんだが、その走りのセンスは抜群だった。ラグビーではよくステップを踏むという言い方をされるが、平尾さんがステップを踏みながら走れば誰もタックルできない。軽やかに駆け抜けていく平尾さんの走りは驚異的だった。センスの塊。そんな表現がよく似合う。

ヤフーニュースを見ていて、高校一年の時に京都府大会決勝で負けた相手が、自分がほぼ入学が決まっていた花園高校だったこと、その花園高校から伏見工に進学を変えさせた(説き伏せた)のが山口監督だったこと、など恥ずかしながらその部分は知らなかった。

決勝で花園高校に負けたのはどれほどの悔しさだったのだろうか。

2年生の時に全国大会出場、そして3年生の時に全国制覇するところはスポーツファンであれば誰もが知っていることであるが、1年生の時にそこまでの悔しさを味わっていたことが、平尾さんの華やかに見えたラグビー人生に似合わない気もするが、それが原点なのかもしれない。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

昼休み終了時の障害

これは過去に一度書いたことがあるのですが、最近になった似たようなことに直面したので急に思い出しました。

ある企業で、昼休み終了時に通信が遅くなるという障害が発生しました。一斉に仕事を始めるから通信が遅くなるのかなどと推測はしましたが、パケットを追跡してもそういうことではないようです。聞けば、かなり昔から、毎日のように発生するらしいです。

なかなか追い込んでいくのが難しい障害です。
考えても分かりません。。。

ということで、まずは現場を見てみないとな、と思いまして昼休みの途中から現場で待機しておりました。昼休みには執務室(かなり広かったです)の明かりは落とされてまして、少々暗いところで、何ごとが起こるかとびくびくしながら待ってました。

チャイムが鳴ったかどうかは記憶にないのですが、昼休みが終わると同時に、落としてた蛍光灯のスイッチを一斉に点けていってました。

あ!
そういうことか!

通信ケーブル(光ではなくメタルです)が天井裏を通ってたので、後日、工事業者さんに天井裏に入ってもらいまして、電源系と通信系のケーブルがすごく近いところを通ってたことを確認して、それを離してもらうようにしました。

それで解決です。
電磁誘導によってノイズが発生してたようです。
こういうのは電話で状況を聞いても分からんかったです。

最近、方位磁石が狂うという事に直面しまして、「まじかよ、滅多なことで壊れんだろうし」と困ったことがあったのですが、ごく近くにスマホや携帯を保持するための強力磁石を設置していることに気付いて原因究明に至ったことがありまして、この障害を思い出した次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »