« 昼休み終了時の障害 | トップページ | ME3600X »

2016年10月21日 (金)

平尾さんの走りはセンスの塊

元ラグビー選手の平尾さんが亡くなった。
とても残念。

スクールウォーズというドラマになったことでも知られているが、私はこのドラマを見ていない。平尾さんが現役の高校生だった頃、当時も放送されていた全国大会の結果を知らせる夜のテレビ番組で、山口良治監督率いる伏見工にスポットが当たっていたのを今も鮮明に覚えている。試合開始前から山口監督は感極まって泣いていた。いわゆる泣き虫先生と言われる所以だ。

その後、大学・社会人と、優勝請負人とまで言われるようになった平尾さんだが、その走りのセンスは抜群だった。ラグビーではよくステップを踏むという言い方をされるが、平尾さんがステップを踏みながら走れば誰もタックルできない。軽やかに駆け抜けていく平尾さんの走りは驚異的だった。センスの塊。そんな表現がよく似合う。

ヤフーニュースを見ていて、高校一年の時に京都府大会決勝で負けた相手が、自分がほぼ入学が決まっていた花園高校だったこと、その花園高校から伏見工に進学を変えさせた(説き伏せた)のが山口監督だったこと、など恥ずかしながらその部分は知らなかった。

決勝で花園高校に負けたのはどれほどの悔しさだったのだろうか。

2年生の時に全国大会出場、そして3年生の時に全国制覇するところはスポーツファンであれば誰もが知っていることであるが、1年生の時にそこまでの悔しさを味わっていたことが、平尾さんの華やかに見えたラグビー人生に似合わない気もするが、それが原点なのかもしれない。

ご冥福をお祈りします。

|

« 昼休み終了時の障害 | トップページ | ME3600X »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115947/64378687

この記事へのトラックバック一覧です: 平尾さんの走りはセンスの塊:

« 昼休み終了時の障害 | トップページ | ME3600X »